プログラミング教育

プログラマーになりたいなら…

投稿日:2019年1月6日 更新日:

プログラマーになりたいといっても、年齢とこれからの目的によると思いますから、一概にこれがいいというのは難しいのですが….

もし本格的なプログラマーを目指すなら、まず…

プログラミング言語

まずはC言語です。とにかくC言語から始めること、もしくは、すでにPHPやVisualBasicなどを経験した人でも、C言語をやっていない人はしっかり学ぶ事をオススメします。

それも、ちゃんとポインタまで使いこなせるところまで。教科書は、柴田望洋著 新明解C言語入門編がいいですね。

私が共著として名前を連ねている 写経型学習によるC言語ワークブック もいいのですが、望洋氏のテキストはとにかく例題が多く、シリーズでその先もありますから、体系だって学習を進めやすいというメリットがあります。

この先にC++もオススメする次の言語で、同じ著者続きで学習するのがとてもやりやすいでしょう!

学習ツール

これはVisual Studioをダウロードして使いましょう!

マイクロソフトの統合環境で、無料でダウンロードできます。そして、これ1つあれば、C++,C#,JAVA,VisualBasic など殆どの言語でプログラムを組むことが出来ます。

インストールや使い方は、ネットに多く情報が落ちていますので探してみてください。

例えば、ココ(https://www.google.co.jp/amp/s/tunasalmon.com/2017/09/21/visual-studio-2017の導入/amp/)など。

どんな思いで進めるか?

柴田望洋さんの本を読みながら例題を入力し動かしていきます。

多分、貴方が作りたいWindows アプリでもなんでもなく、黒い画面の中に文字が出るだけのプログラムが動きます。

これが一体なんの役に立つのだろう?と思うでしょう。僕はもっとカッコいいアプリかネットの言語をマスターしたいんだ!と思う方が殆どだと思います。

でも、まずは全ての言語の基本とも言えるCをひと通り通して下さい。これをやり通すと通さないとでは、後々のプログラマー人生に必ず違いがでてきます。

どのくらいの期間で?

キヤミー の教育では、1日8時間かじりついて、約7-10日で60%くらいの理解度で終わらせます。56-80時間で60%の理解度ですね。これは、この先の課題で理解度を上げるプロセスがあるので、この様な感じで進めますが、個人がこれから先を考えてのことなら変わりますね。

100%を目指すとするなら40%増しとして、80-120時間くらいでしょうか?

毎日帰宅してから2時間勉強したとして、40日から60日。大体2か月くらいですね!

まあこのくらいは覚悟してじっくり進めることをお勧めします。もちろん1か月でもOKです。

もし本格的なプログラマーを目指すなら、次に…

次はC++のクラス部分だけを集中して学習します。クラスという概念は、最近の様々な言語に必ず使われる概念で、ここだけはしっかりC++から抑えておく事が基礎になります。

オススメは、そのまま柴田望洋さんの本でいいでしょう!もしくは、会社か友達が持っている本でも構いません。とにかくクラスという概念をしっかりたたきこみます。

お好みに合わせた学習開始

これで誰にも負けない、そして流行り廃れに左右されない本当の基礎力ができました。ここから先は目的に合わせて学習をします。

1.業務系プログラマー目指すなら

自分のPCにSQLサーバーというDBをインストールして、VisualStudioでBASICかC#を使って学習します。

VisuaBasicは簡単で学習しやすいので、そちらを選びがちですが、できればC#をオススメします。C#はBASICより細かい開発ができたりするのと、BasicからC#への移行より、C#からBasicへの移行の方が簡単だからです。つまりBasicに先に手を出すとC#への壁がちょっときつくなります。C#からBasicには壁が殆どありません。

2.制御系プログラマーを目指すなら

C#です。しかし、なかなか自分で学習するのと題材が無いと思いますので、ここを目指すななら、ということ自体に無理があるかもしれません。

3.組み込み系大型

いわゆるAIやIoTにつながる部分のプログラマーですね。これはまずターゲットとなるボードを入手しましょう!

最も有名なのは、Raspberry pi (ラズベリーパイ). です。アマゾンでもどこでも購入する事ができます。学習サイトも、色々な方があちらこちらで書いていますし、書籍も出ています。

色々なサンプルや例もありますので、組み込み系の勉強には最高です。

言語はそれぞれ製作したいものによって、CだったりPython だったりします。

4.組み込み系小型

お手軽に色々試せるのは間違いなくArduino (アルディーノ) です。勉強用ボードもセンサーなどのパーツもたくさん購入品があります。

開発ツールはホームページから無料で落とせます。言語はCかC++になります。

5.WEB系

まずはWEBサーバを用意しなくてはいけませんが、これは、レンタルで外部に1つ借りるのがとても早くて簡単な方法です。

ただ毎月お金がかかりますので、ちょっと手間をかけても勉強のために、XAMPP あたりを入れて始めてもいあと思います。

その他、最近は色々な便利な方法があるので、ローカルPC サーバー などという単語でググってみたらどうでしょうか?

例えば、ここ にも色々書いてありました。

言語はPHPですね!

6.自宅で稼ぐその他の方法のために

アフェリエイトやAdSenseなどで稼ぐためには、まずは自分のホームページが必要です。

ホームぺージをもつには、ドメインの取得からサーバーへの設定、そしてブログかページ作成の技術が必要です。

ドメインの取得は、お名前ドットコム を私は使っています。その他色々あります。

サーバーは、エックスサーバー が使いやすく値段もやすいのでオススメです。

そして必要な技術は、HTMLとブログ構築カスタマイズです。ブログはワードプレス が有名です。ワードプレスは色々な抜けがあったり、怪しいプラグインがあったりして嫌がるWEB屋さん多いですが、使いかた次第でしょう!

そして一番大事なのはコンテンツですね!

集客しなくてはいけません。

皆さんかが欲しがる情報などを集めるブログにしますか?ポータルサイトを作って広告収入などを目的にしますか?

いずれにせよ、読む方にとって有益な情報が沢山沢山必要です。

大体、1ページあたり3000文字で、100ページ以上かけなくては難しいです。それも、それ専門のサイトとしてです。

本科的には、キーワードなどを調べて集客できるように徹底的にSEO対策をするようです。

大変な作業になりますね!

最後に…

ザザザっと簡単にイメージをお伝えしました。

どうだったでしょうか?

この内容を基本に、あとは自分がどんなプログラマーになってどう稼ぎたいか?ということをしっかり考えて、まずは勉強です。

世の中には沢山の書籍や教材があり、本当にどれを使っていいのか悩みますね!

そのために、クムクムは全ての学習をこれ一台でできるように開発しています。

が、申し訳ありません、2019年1月現在、まだスクラッチ初級のみです。

この春には上級者用のコマンドとクムデイーノという組み込み小型の製品を販売します。

AI用のPython APIは完成していますが、サンプルを今鋭意開発中です。これができればRaspberry piとつないで新しいクムクムAIが開発できるかもしれません。

C言語Arduinoはいつでも遊べますが、未だ技術公開は先になります。が、お好きな方にはハッキングされてしまうかも(笑)

いずれにしても、みなさんのプログラミングライフに合わせてどんどん開発を進めていきます。

-プログラミング教育

関連記事

そもそもプログラミングって何?どうすればいいの?

プログラミング、プログラミングと騒がれていますが、そもそもプログラミングって何なのか?どんなものなのか?どんなプロセスで作られるのか?どんな道具がいるのか?をもう一度簡単にまとめてみます。 1.プログ …

各国のコンピュータ教育事情

日本では、ようやく2020年からプログラミングが小学校に導入されるようになりました。 この動きは世界に比べてどうなのか?をいろいろ調査してみました。 色々なホームページにいろいろな形で記されていますが …

子ども向けロボットプログラミング

ロボットを子ども向けプログラミング学習に使う理由

2020年に小学校でプログラミング教育が必修化となります。この流れは日本国内だけでなく、諸外国においても同様で、すでに必修化が導入されている国が沢山あります。では、子ども向けのロボットプログラミングと …

プログラマーは稼げるのか?

ITやAIなどと言う言葉が飛び交う最近、どうもなんかプログラミングやプログラマーが流行の様に取り扱われている感がするのは私だけだろうか? 本当にプログラマーしか生き残れないの? オックスフォードのオズ …

プログラミングが出来るとどう得するのか?

2019年元旦 明けましておめでとうございます。 色々なプログラミング教材のサイトを見たり、色々な方の解説を読んでみると、プログラミング学習によって、論理的思考や問題解決能力が身につくと書かれている事 …