HOME30BASIC(個人版)

回数繰り返しで2つの動作を切り替える[0006]

更新日:

2つの動作を切り替えたい!!

2つの動作を交互にずっと繰り返したいときって結構あります。
たとえば、顔を右と左に繰り返して動かしてみたい!とか...
例えば高い音と低い音を繰り返し交互に鳴らしたい!とか...

判断(もし)と変数を組み合わせた無理やり感

上/下? 右/左? 前/後? 0/1? 1/2?
そう、くるくる回る中で2つの状態を交互に切り替えるプログラムを作ればいいのですね!

2つの状態を管理する変数でも作って1と0を切り替えるなら、例えばこう...

ちょっと無理があるけれど十分理解できますね!

判断(もし)を使わない方法案

プログラムには便利な「割った余り」を求める計算式があり、スクラッチにも用意されているブロックを使ってみます。

2つの状態を計算で求める

「割った余り」を使います。
自分がくるくると回ってカウントアップしているカウント.... 1,2,3,4,5,6、.....この数字を2で割った余りは?
偶数か奇数かを判断できます。
つまり1か0かという2つの状態をぐるぐる回るカウンタの数字から計算で求められます。

カウンタを偶数奇数でふりわけるプログラム

 

-HOME30BASIC(個人版)

Copyright© プログラミング学習 , 2019 All Rights Reserved.