スクラッチ(個人・塾共通)

6.スクラッチ3.0で時間を計ってみる

更新日:

スクラッチで時間を計る方法について

スクラッチで時間を計る方法は主に2つです。

 

・タイマー機能を使う

スクラッチには時間を計る命令としてタイマーというブロックがあります。

このブロックはスクラッチが起動されてから「タイマーをリセット」をクリックするまで時間を計り続けます。

 

「タイマー」の隣にあるチェックボックスにチェックを入れると計っている時間を確認することが出来ます。

 

タイマーブロックは少し使いづらい

タイマーブロックは小数点第3位まで表示されます。

その為、3秒ピッタリで何か動作をするというような命令では少しこのブロックは使いにくい場合が多いです。

なぜなら3秒ピッタリというのは3.000秒の事ですが、この機能では3.000はほんの一瞬で過ぎてしまいます。

もしこのブロックを使用して3秒後に何か動作をさせたい場合は、次のブロックを使用して3秒以上経ったらという条件にします。

3秒以上経ったらという条件は次のように表します。

タイマーブロックを使用するには少し工夫が必要ですので、何回も使って少しずつ慣れていきましょう。

 

・変数を使う

スクラッチでは変数を使う事で時間を計ることも出来ます。

まずは変数を1つ用意します。

今回は「時間」という変数を用意しました。

 

変数を使って時間を計るにはこのブロックと、「制御」にあるブロックです。

これらのブロックを繋げて、「ずっと」で囲み動かしてみよう。

このプログラムを動かしてみると、変数「時間」の数値が1秒ごとに1ずつ増えていくのが確認できます。

 

変数で時間を計る時とタイマーで時間を計る時の違い

変数で時間を計る場合は、タイマーブロックを使用する場合より必要なブロックが多くなります。

その為、どこにこのブロックを置けば自分の思うように動くのかどうかを考えて使用しなければいけません。

ただ、変数を使って時間を計る場合は小数点無しで時間を計ることが出来ます。

(変数を使用した場合でも小数点有りで時間を計ることは可能ですが、正確な時間で計れない可能性があります。)

条件を指定する際にも小数点が無い方が指定しやすい場面も多いので、この方法で計ることも慣れておくと良いでしょう。

-スクラッチ(個人・塾共通)
-, , ,

Copyright© プログラミング学習 , 2020 All Rights Reserved.