HOME30BASIC(個人版) HOME30BASIC(塾版) スクラッチ(個人・塾共通)

スクラッチ・繰り返しでカウントを数える方法

投稿日:

そのままでは数えられないスクラッチ

スクラッチで同じ操作を繰り返す場合に使うブロックとして[制御]にある[繰り返し]ブロックがあります。
例えばクムクムの胸のLEDを10回点滅せようとした場合下記のようになります。(サンプルは個人版のコマンドで作っています)

このプログラムは10回の点滅を行うことができますが、実際には一体何回目が光っているのか自分でわかることができません。

BASICやC言語でプログラムを作ると下記のようになり、BASICではI,Cではi によって自分で回数をしっかり数えています。

スクラッチでも数えてみる

上記プログラムのBASICでのI やCでのiはプログラミング言語の中では変数と呼ばれる機能で、プログラムの中に一時的にデータを記憶する場所を自分で作る機能です。
ここで使っている Iやiという変数は実は別の名前でもよく、プログラマー自身がわかりやすい名前を付けることができます。
例えば、Iの部分をKAISUやkaisuとして、その数を画面に表示するようなプログラムにした場合、下記のようになります。

※BASICは大文字で、C言語では小文字を使うことが多いので上記のような例にしました。
※上記のプログラムはLEDに関する命令や画面に表示する命令など、このままでは実際に正しく動作しません。
※イメージです。

それではスクラッチでも同じように動くプログラムを作ってみましょう。

1.変数を作る

上記BASICやC言語と同じように回数を数える変数を作ります。
コード→変数→変数を作る をクリックします。

変数を作る をクリックすると、下記のように 新しい変数 という画面が開きますので、自分が作りたい変数名を入力しOKボタンをクリックします。
名前の下のラジオボタンは、今は ◎すべてのスプライト でOKです。

OKをクリックすると、回数という変数ができ、下記のような画面になります。

回数を数えるブロックを追加する

いくつかの新しいブロックがあります。
これらのブロックを使って回数を数えてみましょう。

2つのプログラムは動きとしては全く同じですが、制御の順序がすこしことなります。

左側のプログラムは、回数という変数を最初に0にして、LEDを点滅させる前に回数を1つ変えます。
1つ変えるというのは、+1あうるという動きです。
つまり、0にセットされた変数である回数は、1→2→3....10と変わります。

右側のプログラムは、回数という変数を最初に1にして、LEDを点滅させた後に回数を1つ変えます。

使っているブロックは、変数をある数字にしてしまうブロック  と、変数を好きな数字ずつ変化させるブロック  を使っています。

このブロックの中の数字は±などの符号を含む好きな数字を使うことができます。

回数を表示する

スクラッチで文字やメッセージを表示する場合は、見た目の中にある上から4つのブロックです。
今回はこのブロックの一番上の2秒言うを使います。
言うブロックの言葉の部分に変数の[回数]を当てはめることができます。

-HOME30BASIC(個人版), HOME30BASIC(塾版), スクラッチ(個人・塾共通)

Copyright© プログラミング学習 , 2020 All Rights Reserved.