スクラッチ(個人・塾共通)

スクラッチ3.0でストップウォッチを作る

更新日:

今回はスクラッチ3.0でストップウォッチを作ってみようと思います。

スクラッチにはタイマーを使うブロックがありますので、これを利用してスプライトに時間を表示させましょう。

 

完成したプログラム

 

プログラムの流れ

スペースキーを押すとスプライトにストップウォッチの秒数が表示され、もう一度スペースキーを押すと秒数が止まる。

もう一度スペースキーを押すと秒数がリセットされて0から秒数のカウントが開始される。

 

このような流れになっています。

 

「~秒待つ」を使う理由

今回のプログラムではタイマーをリセットした後に「~秒待つ」を使って0.1秒の待ち時間を作っています。

これは、プログラム開始の合図であるスペースキーとプログラム止める合図のスペースキーが重ならないようにするためです。

この「待つ」が無い状態でプログラムを動かしてみると、開始の合図と終了の合図が同時に処理されてプログラムが動かないという状態になります。

実際に「待つ」がない状態で動かしてみて確認してみてください。

 

機能の追加

ここまでできた人は次の機能を追加してみましょう。

1 リストを作成し、ストップウォッチで測った秒数を保存していく機能

2 秒数を保存するかしないかの選択肢を追加

 

他にも良い機能が思いついたらどんどん追加していきましょう。

-スクラッチ(個人・塾共通)
-,

Copyright© プログラミング学習 , 2020 All Rights Reserved.