HOME30BASIC(塾版)

スクラッチ3.0で変数を使ってクムクムを歩かせる

更新日:

プログラムの流れ

プログラムが実行されるとまずはクムクムの各モーターをまっすぐの状態にします。

それと合わせて「歩数」変数の値を0にリセットします。

「歩数」変数の値によって右足で歩くか左足で歩くかを判断し、モーターを動かします。

 

完成したプログラム

 

プログラムのポイント

このプログラムのポイントは変数を使用している事です。

「歩数」変数が0の時は右足、1の時は左足で歩くようにプログラムされています。

また、右足で歩いた後には変数の値を1に、左足で歩いた後には変数を0にすることで次の動作に繋げています。

各モーターブロックの使い方については「スクラッチでクムクムの手足を動かしてみる」こちらで説明をしているので、ここでは省略します。

 

今回の内容では変数を使わずとも同じ動きは再現できますが、プログラムが複雑になってくるとそうはいきません。

簡単な内容から変数の使い方に慣れていく事で、複雑なプログラムを作る際にも役に立ちます。

-HOME30BASIC(塾版)
-, , ,

Copyright© プログラミング学習 , 2020 All Rights Reserved.