プログラミング教育

クムクムが狙うプログラミング教育

投稿日:2018年12月31日 更新日:

2018年の最終日となりました。そして平成がとうとう終わります。

はじめに…

2020年小学校へのプログラミング教育が必修化になるということから、ここ1-2年、とても多くの企業がプログラミング教材を市場投入してきています。

ロボットやボード、スクラッチを使ったソフトとテキスト、全てを抱き合わせカリキュラム。中には、韓国や中国から全てを輸入し日本で展開しようとしているもの….とにかく沢山の教材?が、毎日の様に新しく出てきています。

どうも、少し前の、ソーラーパネルやLEDが日本で流行った時の事と重なります。

あの頃、日々凄い種類の製品が溢れました。

高いものから安い物まで、そして、連日、中国から営業のメールが届き、気がつくとその商品があちらこちらのホームページやネットショップで販売されていました。

ところが今はパタっと動きが止まり、中国からの営業メールも全く届かなくなりました。

そして、ネットやショップで見かける商品も一部のメーカーのものだけになりました。

申し訳ありません!

そんなことからみると…..

クムクムも、まさにこのソーラー・LED戦争の様な、2020プログラミング戦争の中にある1つの製品に間違えはありません。

しかし、クムクムは2020の小学校必修化を狙って開発した商品ではありません。

むしろ、2020とは全く関係なく、独自のお好きな路線で走っているものです。

ですので、広告や宣伝、メデイアに露出する事も上手ではありませんので、皆さまに上手にご紹介すらできておらず、大変ご迷惑をお掛けしております。

クムクムの生まれ

クムクムは、30年前にマイクロソフト社のベンダーとして設立したハード、ソフトを開発する技術系のシステム会社(株式会社キヤミー)から生まれました。

様々なシステムを開発する傍ら、技術系社員教育や、大手コンピュータ学院の立ち上げ、技術専門書の執筆など教育にかかわり、自社技術社員を育てる独自カリキュラムを作ったのが20年前。このカリキュラムが今のクムクムのベースとなりました。

このカリキュラムは、プログラミング全く未経験者を僅か3か月でC言語からVisualC++のアプリケーションエンジニアに育てあげる、画期的なもので、200名以上のプログラマーを育て現場へ配属していました。当時は京都では話題になっていたかと思われます。新聞等いくつかの取材などの記憶があります。

その後、このカリキュラムを、京都大学喜多一教授との研究テーマとして2年間共同研究を行い、情報関連の学会などでは多くの論文が発表されました。京都大学の文理共通の2単位授業としても採用され、喜多教授によって「写経型学習」と名前をつけていただきました。オリジナルマイコンボードとテキストで、初心者から簡単に始める教材は、今のクムクムの原型です。

この原型を利用し、京都市教育委員会主催の京少年少女モノづくり倶楽部での子供へのプログラミング講座が始まったのが2011年です。クムクムは1999年頃に生まれ、2011年頃から成長を開始しました。そう考えるともう20才を迎える成人です。

経験と実績でクムクム成長

市教育との子供たちへのプクラミング講座では多くの気づき、発見を子供たちからいただきました。大人への教育だけではわからない、子供独自のつまずきや感動など、多くの大切なポイントを現場のデータとして蓄積させていただきました。

これらの情報を元に、現在のクムクムの形に開発を始めたのが、2016年春。そしてカリキュラムまでの完成が2018年10月なので、まさに2年半以上の歳月がかかりました。

最初はベニア板の塊で歩くことすらできなかったクムクムが、今ではプラチック軽量になり、歩き喋ります。7年間の教育実績をぐっと凝縮したカリキュラムテキストを用意し、本格的に子供達へお届けできるようになりました。

京都生まれ京都育ちのクムクムを全ての皆様に!

クムクムは全てを自社内のメンバーで作りあげています。そして、その開発メンバーは、20年以上前に初心者だった未経験者です。クムクムの前身カリキュラムでプログラマーになったメンバーが、自分達の歴史を振り返りながらクムクムを完成をさせました。

そして、完成までの全てのプロセスまでをも教材にまとめています。小学生への教材を開発する、開発プロセスは、中学生や高校生、そして大学や一般の技術者や開発者にすら利用いただける最高の教育材料です。

クムクムは、全てのプロセスを、開発を通して教材として提供することにしました。そのため、通常は企業秘密として公開しない電子回路も、ポート情報も全て公開することを目標としています。

プログラミングは、全ての方が経験して絶対に損にならない教科?知識です。

答えにむかって命令を組み合わせて解いていくことは、パズルや推理で問題を解くこととほぼ同じです。脳をフル回転させ、解答まで順序よく導くプロセスは、訓練すればするだけしっかりした考え方を身につけることができます。

机とパソコンとほんの少しの自分の時間を使うだけで、手軽に新しい思考を身につけることができるプログラミングは、小学生だけに必要な学習ではありません。全ての年代の、全ての職種の方に必要な学習であり、訓練であると思われます。

私達のクムクムの狙いはそこにあります。

さあ、ぜひ皆さんの新しい発想のためにも、新しい挑戦を始めていだだきたいと、心から望みます。

-プログラミング教育

関連記事

プログラミングを学ぶという事

2018年12月31日22時11分、紅白歌合戦もまもなく最終に入ります。今日はどうも平成最後という思いからか、色々語りたい気分のようです。 2020年小学校の必須化と動き その目的を、文科省は「プログ …

学習ロボットで21世紀を生き抜く力を身に付ける方法

これからの情報化社会、デジタル社会、グローバル社会を生き抜いていく今の子供たちに必要とされるスキルは意外にも・・・ 21世紀型スキル 21世紀型スキルとはデジタル時代となる21世紀以降必要とされるとい …

そもそもプログラミングって何?どうすればいいの?

プログラミング、プログラミングと騒がれていますが、そもそもプログラミングって何なのか?どんなものなのか?どんなプロセスで作られるのか?どんな道具がいるのか?をもう一度簡単にまとめてみます。 1.プログ …

プログラマーになりたいなら…

プログラマーになりたいといっても、年齢とこれからの目的によると思いますから、一概にこれがいいというのは難しいのですが…. もし本格的なプログラマーを目指すなら、まず… プログラ …

プログラミングマスターの方法(向き不向きと見極め)

“王道に近道はなし”と言うように、プログラミングをマスターするにも、コツなどは無く、ただひたすら頑張るのみなのですが、 3ヶ月間で未経験者をVC++の一年生に育てあげるカリキュ …