Arduino Bootloader ファイルの作成方法

ブートローダを作成するまでの手順

ロボット(QX-001R3J)に使われているマイコンと同等の Arduino Leonardo 用のブートローダを作成します。

作業環境

Windows 10 Pro (バージョン 21H1)

必要なものをダウンロード

ソースコード

・Arduinoソースコード ArduinoCore-avr-1.8.3.zip

・LUFAソースコード (version 111009)  LUFA-111009.zip

ビルド環境

・WinAVR (version 20100110)  WinAVR-20100110-install.exe

・msys パッチファイル  msys-1.0-vista64.zip

 

ビルド環境作成

ソースコードのビルドには MAC環境で CrossPack 20100115 を導入して行われています。

ここではWindows上で同等の環境を用意して作成します。

ダウンロードした WinAVR-20100110-install.exe を実行し、ウイザードに従ってインストールを完了させます。

インストール先や設定は変更せずにデフォルトのままでインストールすることをお勧めします。

インストール場所を変更する場合はスペースを含まない英数のみのフォルダへインストールする必要があります。

又、Windows8.1以降のOSでは make が正常に実行できない為、合わせて msys-1.0-vista64.zip  を解凍し、解凍された msys-1.0.dll を C:\WinAVR-20100110\utils\bin へ上書きします。(重要)

ブートローダソースの準備

作業するフォルダを用意し、ダウンロードした Arduino と LUFA の各ソースを下記の様に解凍します。

ここでは 作業フォルダ C:\MyWork\bootloader を作り解凍します。

構成を修正

Arduino Leonardo のブートローダは ArduinoCore-avr-1.8.3\bootloaders\caterina に入っています。

まずはこのフォルダへ移動します。

 

この中の Makefile ファイルをテキストエディタで開き、130行目でLUFAへの相対パスをしている所(LUFA_PATH)を下記の様に修正します。

LUFA_PATH = ../../../lufa-LUFA-111009

ブートローダをビルドする

ビルドの実行には、コマンドプロンプトを使用します。

コマンドプロンプトは 「Windowsキー」を押す → 「cmd」と入力 → 「Enter」を押すことで簡単に開きます。

コマンドプロンプトが表示したら、下記を入力して makefile があるフォルダへ移動します。

cd /d C:\MyWork\bootloader\ArduinoCore-avr-1.8.3\bootloaders\caterina

次に Arduino Leonardo で使われている ベンダーID(VID)とプロダクトID(PID)を引数に指定して make を実行します。

make VID=0x2341 PID=0x0036

makeが終わると下記の様に end で止まり、ビルドが完了します。

フォルダを確認すると Caterina.hex ファイルが作成されています。

Caterina.hex がマイコンへ書き込むブートローダになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました