ARDUINO UNO WiFi REV2

概要

Arduino UNO WiFi Rev.2は、UNOファミリーの標準的なフォームファクタで、基本的なIoTへの最も簡単なエントリーポイントです。オフィスや家庭のルーターに接続されたセンサーネットワークの構築を検討している場合でも、携帯電話にデータを送信するBLEデバイスを作成したい場合でも、Arduino UNO WiFi Rev.2は、基本的なIoTアプリケーションシナリオの多くに対応するワンストップソリューションです。

このボードをデバイスに追加すれば、安全なECC608暗号チップアクセラレータを使用して、デバイスをWiFiネットワークに接続することができます。Arduino Uno WiFiは、機能的にはArduino Uno Rev3と同じですが、WiFi / Bluetoothが追加され、その他の機能も強化されています。マイクロチップ社の新しい8ビットマイクロコントローラーATmega4809を搭載し、IMU(慣性計測ユニット)LSM6DS3TRをオンボードで装備しています。

Wi-Fiモジュールは、TCP/IPプロトコル・スタックを内蔵した自己完結型のSoCで、Wi-Fiネットワークへのアクセスを提供したり、アクセス・ポイントとして機能します。u-blox NINA-W102のデータシートはこちらからご覧いただけます。

Arduino UNO WiFi Rev.2には、14本のデジタル入出力端子、5本のPWM出力端子、6本のアナログ入力端子、USB接続端子、電源ジャック、ICSPヘッダー、リセットボタンが搭載されています。マイコンのサポートに必要なものがすべて含まれています。USBケーブルでコンピュータに接続したり、ACアダプタや電池で電源を供給するだけで、すぐに使い始めることができます。

互換性

このボードにはMicrochip社のATmega4809マイクロコントローラが搭載されていますが、コアに含まれる互換性レイヤーのおかげで、UNOのATmega328Pマイクロコントローラ用に作られたすべてのスケッチをATmega4809で実行することができます。このモードの使い方については、Arduino UNO WiFi Rev.2のGetting Startedページで詳しく説明されています。

Bluetooth®とBLE

Arduino UNO WiFi Rev.2の通信チップセットは、BLEとBluetooth®のクライアントおよびホストデバイスの両方になることができます。マイクロコントローラ・プラットフォームの世界では、かなりユニークなことです。Bluetooth®のセントラルデバイスやペリフェラルデバイスがどれほど簡単に作れるかを知りたい方は、ArduinoBLEライブラリのサンプルをご覧ください。

ハックできるようにしています

Arduino UNO WiFi Rev.2は、実験を可能にするデュアルプロセッサデバイスです。WiFiNINAモジュールをハックすることで、例えば、WiFiとBLE / Bluetooth®の両方を一度にボード上で使用することができます。また、メインのマイクロコントローラーがモーターやスクリーンなどの低レベルのデバイスを制御している間に、超軽量バージョンのLINUXをモジュール上で動作させることも可能です。これらの実験的な技術は、高度なハッキングを必要とします。これらは、モジュールのファームウェアを変更することで可能になります。ファームウェアは、私たちのgithubリポジトリにあります。

注意:この種のハッキングは、WiFiNINAモジュールの認証を破ることになりますので、ご自身の責任で行ってください。

.

関連ボード

以前のArduinoデザインからのアップグレードを検討している場合や、同様の機能を持つボードに興味がある場合は、Arduinoで以下のものを見つけることができます。

MKR WiFi 1010: Arduino UNO WiFi Rev.2のスモールフォームファクター版で、バッテリーコネクターと追加のI2Cポートを備えています。詳しくはこちらをご覧ください。
Nano 33 IoT:さらに小さなフォームファクターが必要な場合、このボードはバッテリーコネクターを犠牲にしていますが、基本的な機能は基本的に同じです。製品ページはこちら。
MKR WiFi 1000:MKR WiFi 1010とは異なるチップセットを搭載しているため、WiFiアプリケーションしか実行できません。詳しくはこちらをご覧ください。

技術スペック

MICROCONTROLLER ATmega4809 (datasheet)
OPERATING VOLTAGE 5V
INPUT VOLTAGE (RECOMMENDED) 7 – 12V
DIGITAL I/O PINS 14 — 5 Provide PWM Output
PWM DIGITAL I/O PINS 5
ANALOG INPUT PINS 6
DC CURRENT PER I/O PIN 20 mA
DC CURRENT FOR 3.3V PIN 50 mA
FLASH MEMORY 48 KB (ATmega4809)
SRAM 6,144 Bytes (ATmega4809)
EEPROM 256 Bytes (ATmega4809)
CLOCK SPEED 16 MHz
RADIO MODULE u-blox NINA-W102 (datasheet)
SECURE ELEMENT ATECC608A (datasheet)
INERTIAL MEASUREMENT UNIT LSM6DS3TR (datasheet)
LED_BUILTIN 25
LENGTH 68.6 mm
WIDTH 53.4 mm
WEIGHT 25 g

UNO WIFi REV2はオープンソースのハードウェアです! 以下のファイルを使って自分のボードを作ることができます。

▶電子回路[EAGLE FILE ZIP]
▶電子回路[PDF]

Pinout Diagram

完全なピン配置図をPDFでダウンロードできます。

タイトルとURLをコピーしました