bitClear

説明

数値変数のビットをクリア(0 を書き込む)します。

構文

bitClear(x, n)

x:ビットをクリアする数値型変数。
n:どのビットをクリアするか、最下位(右端)のビットは0から始まる。

戻り値

x: n位置のビットがクリアされた後の数値変数の値。

プログラム例

bitClear(x,n)の出力を、与えられた2つの整数について表示します。6の2進表現は0110なので、n=1のときに右から2番目のビットが0になります。その後、2進表現で0100が残るので、4が返されます。

ArduinoでQumcumロボットを制御
タイトルとURLをコピーしました