| (bitwise or)

説明

C++のビットごとのOR演算子は、縦棒記号の|です。| は、& 演算子と同様に、周囲の 2 つの整数式の各ビットを独立して操作しますが、その内容は異なります。2つのビットごとのOR演算子は、入力ビットのいずれかまたは両方が1であれば1、そうでなければ0となります。

プログラム例

ビットごとの ORの最も一般的な使い方は、ビット列の複数のビットを設定することです。

ArduinoでQumcumロボットを制御
タイトルとURLをコピーしました