char

説明

文字の値を格納するためのデータ型です。文字リテラルは、次のように一重引用符で囲まれています。’A’(複数の文字(文字列)の場合は、二重引用符を使用します:”ABC”)。

ただし、文字は数字として格納されます。具体的なエンコーディングについては、ASCIIチャートをご覧ください。

このことから、文字のASCII値を使用した演算が可能です(例:大文字のAのASCII値は65なので、’A’+1は66という値になります)。

charデータ型のサイズは、最低でも8ビットです。charは文字を格納するためにのみ使用することをお勧めします。符号なしの1バイト(8ビット)データ型には、byteデータ型を使用してください。

構文

char var = val;

var: 変数名。
val: その変数に割り当てる値。

プログラム例

ArduinoでQumcumロボットを制御
タイトルとURLをコピーしました