>= (greater than or equal

説明

左側の変数と右側の値または変数を比較します。左側のオペランドが右側のオペランドより大きいとき、または等しいときに真を返します。異なるデータ型の変数を比較することもできますが、予測できない結果を生む可能性があります。符号付き/非符号付きを含む同じデータ型の変数を比較することをお勧めします。

構文

x: 変数。許容されるデータ型:int、float、double、byte、short、long。
y: 変数または定数。許可されたデータタイプ:int、float、double、byte、short、long。

プログラム例

注意点と警告

正の数は負の数よりも大きい。

ArduinoでQumcumロボットを制御
タイトルとURLをコピーしました