! (logical not)

説明

論理演算子 NOT(!) は、オペランドが偽の場合は真を、その逆の場合は偽を返します。

コード例

この演算子は、if 文の条件の中でも使用できます。

ブール値を反転させるためにも使用することができます。

bitwise not ~ (チルダ)は、boolean not ! (感嘆符)とは大きく異なりますが、どちらが必要なのかを確認する必要があります。

ArduinoでQumcumロボットを制御
タイトルとURLをコピーしました