Mouse

説明

マウス機能は、32u4またはSAMDマイクロベースのボードが、マイクロのネイティブUSBポートを通じて、接続されたコンピュータ上のカーソルの動きを制御できるようにします。カーソルの位置を更新するときは、常にカーソルの前の位置からの相対的な位置になります。

注意事項

これらのコアライブラリにより、32u4およびSAMDベースのボード(Leonardo、Esplora、Zero、Due、MKR Family)は、接続されたコンピュータに対して、ネイティブなマウスやキーボードとして表示されます。

マウスやキーボードのライブラリを使用する際の注意点:マウスやキーボードのライブラリが常に動作していると、ボードのプログラミングが困難になります。Mouse.move()Keyboard.print()のような関数は、カーソルを動かしたり、接続されたコンピュータにキーストロークを送信したりしますので、それらを処理する準備ができたときにのみ呼び出すようにしてください。この機能をオンにするには、物理的なスイッチのような制御システムを使用するか、制御できる特定の入力に対してのみ反応するようにすることをお勧めします。この機能を扱う方法としては、マウス・キーボードの例を参照してください。

MouseライブラリやKeyboardライブラリを使用する際には、まずSerial.print()を使って出力をテストするとよいでしょう。そうすれば、どのような値が報告されているかを確実に把握することができます。

関数


ArduinoでQumcumロボットを制御
タイトルとURLをコピーしました