% (remainder)

説明

Remainder演算は、ある整数を別の整数で割ったときの余りを計算するものです。ある変数を特定の範囲(配列の大きさなど)に収めるのに便利です。余剰演算を実行するには、%(パーセント)記号を使用します。

構文

remainder:変数。許容されるデータ型:int、float、double。
配当:変数または定数。許可されたデータ型:int。
除数:ゼロでない変数または定数。許可されたデータ型:int。

プログラム例

注意点と警告

剰余演算子は浮動小数点数には作用しません。

最初のオペランドが負の場合、結果は負(またはゼロ)になります。したがって、x が負の値になる可能性がある場合、x % 10 の結果は 0 と 9 の間になるとは限りません。

ArduinoでQumcumロボットを制御
タイトルとURLをコピーしました