shiftOut


指定したピンに接続されたシリアルパラレル変換IC(74HC595など)に順番に1ビットずつ信号をシフトアウトする関数です。

※本関数は未検証です。
※翻訳と関連した様々な記事から情報を整理しました。

書き方 shiftOut(dataPin,clockPin,bitOrder)
戻り値 (byte)readData….読み取ったデータ
引数 (int)dataPin … 出力したいデータピン番号
(int)clockPin … クロック出力のピン番号。クロックをHIGHにした後、ビットを読み取り、その後クロックピンをLOWにする。
(int)bitOrder … 上位から(MSBFIRST)読むか下位から(LSBFIRST)読むかを指定する

※たち上がりクロックのデバイスを利用するときは、shiftIn()を呼ぶ前にクロックピンをdigitalWriteでLOWにしておく。

プログラム例

公式Arduinoページより転記しました。

dataPinとclockPinは、pinMode()の呼び出しによって出力としてすでに構成されている必要があります。

shiftOutは現在1バイト(8ビット)を出力するように書き込まれているため、255より大きい値を出力するには2ステップの操作が必要です。

ArduinoでQumcumロボットを制御
タイトルとURLをコピーしました