塾学校用BASIC

スクラッチ@クムクム

LEDの点滅回数をスプライトに数えさせてみる

スクラッチの繰り返し スクラッチである動きを繰り返す命令としての中にとの2つのブロックがあります。 このブロックは、このブロックで囲った動きを、自分で指定した回数またはずっと繰り返す命令です。 10回繰り返すブロックは...
スクラッチ@クムクム

クムクムで音楽を奏でてみる

クムクムで音を鳴らす クムクムには音を鳴らす命令として「~Hzの音を~秒鳴らす」というブロックがあります。 このブロックは指定したHzの音を指定した秒数鳴らす命令です。 Hzとは周波数のことで、1秒間に何回空気が震...
スクラッチ@クムクム

スクラッチ3.0でクムクムの手足を動かしてみる

クムクムが手足を動かす為に必要なパーツ クムクムにはLEDや距離センサーのほかに、「サーボモーター」というモーターを7つ搭載しています。 このモーターをそれぞれ動かす事でクムクムを歩かせたり手を上げさせたりといった動きが出来ます...
スクラッチ@クムクム

スクラッチ3.0とクムクムで状態の切り替えとLEDのコントロール

作るプログラム スクラッチ3.0の画面操作でクムクムうをコントロールするプログラムです。 スタートフラグをクリックしプログラムをスタートします。 画面上の赤い円をクリックするたびに、白枠⇔塗りつぶしとを切り替え、同時にクムクムの胸...
スクラッチ@クムクム

スクラッチ3.0でクムクムのセンサー機能を使う

クムクムの搭載されているセンサー機能 クムクムの目の部分には「超音波距離センサー」というセンサーを搭載しています。 このセンサーは片方の目から音波を出し、跳ね返って来た音波をもう一方の目で受け取ります。 音波を出して受け取...
スクラッチ@クムクム

スクラッチ3.0で変数を使ってクムクムを歩かせる

プログラムの流れ プログラムが実行されるとまずはクムクムの各モーターをまっすぐの状態にします。 それと合わせて「歩数」変数の値を0にリセットします。 「歩数」変数の値によって右足で歩くか左足で歩くかを判断し、モーターを動か...
スクラッチ@クムクム

クムクムが手を叩いた数だけ前に進むプログラム

プログラムの流れ 基本的には「スクラッチ3.0で変数を使ってクムクムを歩かせる」こちらで紹介したプログラムと動きは同じです。 今回のプログラムのポイントは、何歩歩くか?を決める変数を「10秒間で手を叩いた回数」によって決めるとい...
スクラッチ@クムクム

クムクムのLEDを数字キーでON・OFF切り替えるプログラム

プログラムの流れ 今回のプログラムはクムクムのLEDをキーボードの数字キーを押すことで光ったり消したりを実行するプログラムです。 1キーを押している間は赤が光り、2キーを押している間は緑、3キーを押している間は青が光るようにプロ...
スクラッチ@クムクム

マウスを使ってクムクムから音を出す少し不思議なプログラム

プログラムの流れ プログラムを実行するとクムクムからBEEP音が鳴り続け、ステージ上でマウスを動かすと音が変化するプログラム 完成したプログラム 今回のプログラムは非常に短いもので、プログラムの難し...
スクラッチ@クムクム

クムクムのセンサー機能を使って3段階の距離判定をするプログラム

プログラムの流れ クムクムの距離センサーを使用して、距離の値が10以下なら「近い」、10以上20以下なら「普通」、20以上30以下なら「遠い」と3段階に分けて判定するプログラム 完成したプログラム ...
タイトルとURLをコピーしました