6.発話のコントロール

クムクムは簡単な文章であれば発話をすることができます。
これは、クムクムの基板に「音声合成LSI」が搭載されており、この音声合成LSIを使って指定した文字を音声に変換し、発話をさせています。
ただし、この音声合成LSIは単語辞書などは持っていませんので、漢字を読むことができません。
したがって、指定する文章は基本的にはローマ字の文字列で表現することになります。

発話させるプログラムを作成するために必要な情報

VS CodeでPythonプログラムのプロジェクトやソースファイルを作成する方法については「5. VS CodeによるPythonプログラムの開発」を確認してください。

Pythonプログラムから直接QumcCommLib.dllを呼び出す場合は、「3.Qumcum PythonライブラリでコントロールできるAPI仕様(QumCommLib.dll呼出し)」にある音声合成LSI(発話)
発話するときの速さを設定する”qumcomm_voice_speed()”と
発話するときの速さを設定する”qumcomm_voice()”を確認してください。

Pythonプログラムからqumcum.pyを経由して呼び出す場合は、「2.Qumcum PythonライブラリでコントロールできるAPI仕様」にある音声合成LSI(発話)
発話するときの速さを設定する”qumcum.voice_speed()”と
発話するときの速さを設定する”qumcum.voice()”を確認してください。

クムクムと接続する方法についての説明は、「4.クムクムとの接続~LEDの点灯」を参考にしてください。

クムクムに発話をさせる言葉の書き方の詳細については、音声合成LSIのほうで公開されている「ローマ字音声記号列仕様書」を参考にしてください。

Pythonプログラムから直接QumcCommLib.dllを呼び出す

コード全体はこのようになります。

※ここで、QumcCommLib.dllはこれから作成し、実行するPythonプログラムのコードと同じフォルダに置いていることを前提としています。

 

このコードの21行目にある”dll.qumcomm_voice_speed(h, 80)”は発話をするときの速さを設定する処理となります。
30-300までの範囲で設定が可能で、30にするとゆっくり、300にすると早口でしゃべります。

23行目と24行目で発話する文字列を作成して発話を実行しています。
23行目の処理は、24行目のqumcomm_voice()に渡す文字列が「(C言語の)文字列のポインタ」でなければならないのでここで生成した文字列を「(C言語の)文字列のポインタ」に変換しています。
そして、23行目で用意した文字列をqumcomm_voice()で発話処理を呼び出しています。
このプログラムでは「おはよーございまーーす」と発話させています。

Pythonプログラムからqumcum.pyを経由して呼び出す

コード全体はこのようになります。

※ここで、QumcCommLib.dllとqumcum.pyはこれから作成し、実行するPythonプログラムのコードと同じフォルダに置いていることを前提としています。

 

このコードの7行目にある”qumcum.voice_speed(h, 80)”は発話をするときの速さを設定する処理となります。
30-300までの範囲で設定が可能で、30にするとゆっくり、300にすると早口でしゃべります。

9行目で発話を実行しています。

このプログラムでは「おはよーございまーーす」と発話させています。

タイトルとURLをコピーしました