HOME3.0 BASIC

スクラッチ3.0用エクステンション

クムクムロボットは、MITが開発したスクラッチによってプログラミングをすることが可能です。ここでは、最も簡単なコマンドを搭載したBASICバージョンのコマンドを紹介します。 LED制御ブロック クムクムロボットの胸についているRGB-L...
HOME3.0 BASIC

LEDの点滅回数をスプライトに数えさせてみる

スクラッチの繰り返し スクラッチである動きを繰り返す命令としての中にとの2つのブロックがあります。 このブロックは、このブロックで囲った動きを、自分で指定した回数またはずっと繰り返す命令です。 10回繰り返すブロックは...
HOME3.0 BASIC

乱数と判断でランダムにLEDを光らせてみる[0002]

スクラッチの乱数 スクラッチには通常プログラミング言語でももつ命令の「乱数」にあたる機能が用意されています。 このブロックは、自分が指定した範囲までの任意の数字をコンピュータが返してくれるというものです。 返してくれる...
HOME3.0 BASIC

乱数とリストでLEDをランダムに光らせてみる[0003]

リストと変数の違い スクラッチには他のプログラミング言語の「配列」にあたる「リスト」という機能があります。 配列とは、1つの名前の変数名でたくさんのデータを扱える機能で、データの中身を利用したい場合は、「変数名の何番目のデータ」とい...
HOME3.0 BASIC

クムクムロボットで音楽を奏でてみる

クムクムロボットで音を鳴らす クムクムロボットには音を鳴らす命令として「~Hzの音を~秒鳴らす」というブロックがあります。 このブロックは指定したHzの音を指定した秒数鳴らす命令です。 Hzとは周波数のことで、1秒...
HOME3.0 BASIC

スクラッチ3.0でクムクムロボットの手足を動かしてみる

クムクムロボットが手足を動かす為に必要なパーツ クムクムロボットにはLEDや距離センサーのほかに、「サーボモーター」というモーターを7つ搭載しています。 このモーターをそれぞれ動かす事でクムクムロボットを歩かせたり手を上げさせた...
HOME3.0 BASIC

入力とロボットのおしゃべり

完成したプログラム このプログラムは、画面で苗字と名前を聞いて入力させ、入力された「苗字+名前さんこんにちは」としゃべるプログラムです。 入力された苗字と名前を入れる変数を作る コード→変数 をクリックし、変数を作る ボタ...
HOME3.0 BASIC

スクラッチ3.0とクムクムロボットで状態の切り替えとLEDのコントロール

作るプログラム スクラッチ3.0の画面操作でクムクムロボットうをコントロールするプログラムです。 スタートフラグをクリックしプログラムをスタートします。 画面上の赤い円をクリックするたびに、白枠⇔塗りつぶしとを切り替え、同時にクム...
HOME3.0 BASIC

スクラッチ3.0でクムクムロボットのセンサー機能を使う

クムクムロボットの搭載されているセンサー機能 クムクムロボットの目の部分には「超音波距離センサー」というセンサーを搭載しています。 このセンサーは片方の目から音波を出し、跳ね返って来た音波をもう一方の目で受け取ります。 音...
HOME3.0 BASIC

スクラッチ3.0で変数を使ってクムクムロボットを歩かせる

プログラムの流れ プログラムが実行されるとまずはクムクムロボットの各モーターをまっすぐの状態にします。 それと合わせて「歩数」変数の値を0にリセットします。 「歩数」変数の値によって右足で歩くか左足で歩くかを判断し、モータ...
タイトルとURLをコピーしました