Study(塾版)

Study(塾版)

クムクムStudy |ADVANCED22「クムクムロボット時計時間でアクション」

概要 塾向けスクラッチパッケージ【クムクムStudy】 ADVANCEDコース課題第22回目「クムクムロボット時計時間でアクション」です。 スクラッチ3.0とクムクムロボットロボットを連動させたプログラミングを学習します。 ステージ...
HOME3.0 BASIC

クムクムStudy |ADVANCED21「音の数でコマンドアクション」

概要 塾向けスクラッチパッケージ【クムクムStudy】 ADVANCEDコース課題第21回目「音の数でコマンドアクション」です。 スクラッチ3.0とクムクムロボットロボットを連動させたプログラミングを学習します。 マイクからの音の検...
HOME3.0 BASIC

クムクムStudy | ADVANCEDコース20「おしゃべり足し算」

概要 塾向けスクラッチパッケージ【クムクムStudy】 ADVANCEDコース課題第20回目「おしゃべり足し算」です。 スクラッチ3.0とクムクムロボットロボットを連動させたプログラミングを学習します。 ロボットによる数字のしゃべら...
HOME3.0 BASIC

スクラッチ3.0でクムクムロボットに「カエルの歌」を演奏させる

今回は「クムクムロボットで音楽を奏でてみる」で紹介した音を鳴らすブロックで曲を演奏してみようと思います。 演奏する曲は皆さんご存じの「カエルの歌」です。 音を鳴らすブロックの使い方については上記の記事で説明をしていますので、今回...
HOME3.0 BASIC

クムクムロボットを後ろに歩かせるプログラム

クムクムロボットの足を動かすブロックには「どちらかの足を上げる」「どちらかの足を前に出す」「足を下ろす」の三種類しかありません。 しかし、このブロックの使い方を工夫すればクムクムロボットを後ろに歩かせることも可能です。 ...
HOME3.0 BASIC

クムクムロボットのセンサー機能を使って3段階の距離判定をするプログラム

プログラムの流れ クムクムロボットの距離センサーを使用して、距離の値が10以下なら「近い」、10以上20以下なら「普通」、20以上30以下なら「遠い」と3段階に分けて判定するプログラム 完成したプログラム ...
HOME3.0 BASIC

マウスを使ってクムクムロボットから音を出す少し不思議なプログラム

プログラムの流れ プログラムを実行するとクムクムロボットからBEEP音が鳴り続け、ステージ上でマウスを動かすと音が変化するプログラム 完成したプログラム 今回のプログラムは非常に短いもので、プログラ...
HOME3.0 BASIC

クムクムロボットのLEDを数字キーでON・OFF切り替えるプログラム

プログラムの流れ 今回のプログラムはクムクムロボットのLEDをキーボードの数字キーを押すことで光ったり消したりを実行するプログラムです。 1キーを押している間は赤が光り、2キーを押している間は緑、3キーを押している間は青が光るよ...
HOME3.0 BASIC

クムクムロボットが手を叩いた数だけ前に進むプログラム

プログラムの流れ 基本的には「スクラッチ3.0で変数を使ってクムクムロボットを歩かせる」こちらで紹介したプログラムと動きは同じです。 今回のプログラムのポイントは、何歩歩くか?を決める変数を「10秒間で手を叩いた回数」によって決...
HOME3.0 BASIC

スクラッチ3.0で変数を使ってクムクムロボットを歩かせる

プログラムの流れ プログラムが実行されるとまずはクムクムロボットの各モーターをまっすぐの状態にします。 それと合わせて「歩数」変数の値を0にリセットします。 「歩数」変数の値によって右足で歩くか左足で歩くかを判断し、モータ...
タイトルとURLをコピーしました