LED

スタートアップ

9.Arduinoで光らせるRGB(フルカラー)LEDのプログラミングと回路

RGB-LEDの場所とハードウエアー接続 RGB-LEDは、クムクムの透明ボディーの中央部上、丁度スピーカーの上にあります。 ロボットなどマイコンを使った機器には、出力(人に知らせる)ものと、入力(情報を得る)というものがあり、Ar...
スクラッチ@クムクム

LEDの点滅回数をスプライトに数えさせてみる

スクラッチの繰り返し スクラッチである動きを繰り返す命令としての中にとの2つのブロックがあります。 このブロックは、このブロックで囲った動きを、自分で指定した回数またはずっと繰り返す命令です。 10回繰り返すブロックは...
HOME3.0 BASIC

乱数とリストでLEDをランダムに光らせてみる[0003]

リストと変数の違い スクラッチには他のプログラミング言語の「配列」にあたる「リスト」という機能があります。 配列とは、1つの名前の変数名でたくさんのデータを扱える機能で、データの中身を利用したい場合は、「変数名の何番目のデータ」とい...
スクラッチ@クムクム

スクラッチ3.0でクムクムのセンサー機能を使う

クムクムの搭載されているセンサー機能 クムクムの目の部分には「超音波距離センサー」というセンサーを搭載しています。 このセンサーは片方の目から音波を出し、跳ね返って来た音波をもう一方の目で受け取ります。 音波を出して受け取...
スクラッチ@クムクム

クムクムのLEDを数字キーでON・OFF切り替えるプログラム

プログラムの流れ 今回のプログラムはクムクムのLEDをキーボードの数字キーを押すことで光ったり消したりを実行するプログラムです。 1キーを押している間は赤が光り、2キーを押している間は緑、3キーを押している間は青が光るようにプロ...
HOME3.0 BASIC

乱数を使ったピコピコロボット[0004]

BEEP音を乱数で制御してみます どうせなら、乱数を使っていろいろな音を出しながら、LEDをピカピカとランダムに光らせる、ピコピコロボットを作ってみます。 先に作った色のリストを使いプログラムを作ってみます。 このプロ...
タイトルとURLをコピーしました