Qumcum PRO[QX-001R321J]ロボット調整

ロボットを歩かせようとしたときに、どうしてもうまく歩かなかったり、転んでしまうことが多くなった時、以下の方法でしっかりロボットを調整しましょう!

クムクムロボットと接続

調整画面を開く

調整画面をGoogleブラウザ[Chrome]で開きます。→ ココをクリックし調整画面を開く
※ロボット調整はブラウザーとロボットをBluetoothで接続して行います。
※ブラウザーからのBLEによるロボット接続はChromeでしか動作しません。

以下の画面が表示されたら、ユーザ名とパスワードを入力します。

※ユーザ名とパスワードは HOME WEB BASICマニュアル.pdf に記載されているものと同じです。
※購入時にユーザー登録をしたユーザー名とパスワードとは異なりますので気を付けてください。

ロボットと接続をする

調整画面が表示されたら、ロボットのスイッチをONにして、次に画面上の[接続]ボタンをクリックします。

次にペアリング画面が表示れますので、接続したいロボットを選択してペア設定ボタンをクリックします。

ロボットと正しく接続できると、ロボットの左胸の青いLEDが点灯し画面には接続完了のメッセージダイアログが開きますので、ダイアログのOKボタンをクリックします。

接続を確認する

クリック後画面は接続完了のメッセージが表示されロボットとの通信ができ、ロボットの左胸の青いLEDが点灯していることを確認してください。

調整をする

まずは90度にする

調整を行うために、一番最初にすべてのモータを90度にセットしてみます。
その結果、どのモータがどのくらいプログラムでセットする90度と実際のズレが生じているかをみてそのずれ分を調整します。(ズレ幅は90度を中央値として左右15.0度ずつ調整ができます)

[90度にする]ボタンを押すと各モータは、130度→60度の順番で動き、最後に90度の位置で固定されます。

左右15度の範囲で調整できない場合は、ギアーの滑りやモータの破損、もしくは何かの原因で物理的に大きな狂いが生じている可能性が考えられます。
その場合は、モータからいったんすべてのパーツを外し90度固定のまま接続リングのつけ変えを行う必要があります。

顔を調整する

顔はまっすぐ前を向くように左右微調整をします。
※数字はマウスまたはキーボードで変更できます。
※数字を変更したら右隣の[動く]ボタンをクリックして、実際にロボットの顔を動かします。
※調整ができたら念のため右下の[保存する]をクリックしてロボットに書き込みます。

腕を調整する

腕は前にまっすぐ出るように、床と水平になるように上下微調整します。
調整の仕方は顔と同じです。

足の方向を調整する

両足のつま先がまっすぐ前を向くように左右微調整します。
※クムクム本体を箱の上などに寝かせて置き調整することをお勧めします。

足の傾きを調整する

調整は「右足で立つ(右足で片足立ち)」「左足でたつ(左足で片足立ち)」したときに、ほぼ同じ傾き方で立てるようにするようにします。
調整は[右足で立つ][左足でたつ]ボタンを使います。

必ず、できるだけ水平で平らな机の上で行ってください
左足で立つ…数字を小さくすると傾きは大きくなります。
右足で立つ…数字を大きくすると傾きは大きくなります。

調整終了

一通り調整が終わったら、[90度にする] [まっすぐにする][右足で立つ][左足で立つ]を何度か繰り返し、すべて正しく動作するかどうかを確認したら、[保存する]をクリックしたのち、[90度にする]または[まっすぐにする]で姿勢を戻した後[切断]で終了します。

 

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

タイトルとURLをコピーしました