まなびひろば(幼児教育) 

この「カタカナ」な~んだ?

HOME | コンテンツひろば | まなびひろば(幼児教育) | この「カタカナ」な~んだ?

 

『この「カタカナ」な~んだ?』は、クムクムが50 (おと)のカタカナのカードをだして「カタカナ」の 問題 (もんだい)をだします。 (おお)きな (こえ)でクムクムに ()かってカタカナを ()むと (こた)えを (おし)えてくれます。

スクラッチファイルをダウンロードする

 
(した)の『この「カタカナ」な~んだ?』のボタンをクリックして、スクラッチファイルをダウンロードしてください。ダウンロードできたら、ファイルをダブルクリックして (ひら)こう!
 

 

※こちらの『この「カタカナ」な~んだ?』ファイルは (だれ)でも 無料 (むりょう)でダウンロードができます。
 

(まな) (かた)

 
 
『この「カタカナ」な~んだ?』のスクラッチファイルを (ひら)いたら、 以下 (いか) 手順 (てじゅん) (まな)んでいきます。


 
(みどり) (はた)をクリックします。

②カードがシャッフルされ、カードが 一枚 (いちまい) 表示 (ひょうじ)され、「あと● (びら)!」ます。(●は (のこ)りの 枚数 (まいすう)

③クムクムに ()かって、 (おお)きな (こえ)でカードのカタカナを ()みます。

④クムクムが (こえ) 反応 (はんのう)したら、 (こた)えを (おし)えてくれます。

⑤あっていたら「1」キーを、まちがっていたら「2」キーを ()します。( 間違 (まちが)った 場合 (ばあい)は、 (あと)でまた 問題 (もんだい)がでます)

⑥キーを ()すと (つぎ) 問題 (もんだい)がでて②~⑤を () (かえ)します。

(のこ)り30 (まい)になると「あと30 (まい)!がんばれ!」とクムクムが ()います。

(のこ)り20 (まい)になると「あと20 (まい) 半分 (はんぶん) ()わったね!」とクムクムが ()います。

(のこ)り10 (まい)になると「あと10 (まい)!あと (すこ)しがんばれ!」とクムクムが ()います。

全部 (ぜんぶ) 正解 (せいかい)したら「すごいね! 全部 (ぜんぶ) ()めたね。 (ほか)のもチャレンジしてみてね」といって ()わります。
 

クムクムロボット 機能 (きのう)

 
『この「カタカナ」な~んだ?』には「シャッフルモード」が ()いています。どんな 機能 (きのう) 確認 (かくにん)してから 問題 (もんだい)にチャンレンジしてね!


 
機能 (きのう)】シャッフルモード

スクラッチ 画面 (がめん)にあるシャッフルアイコンをクリックすると「シャッフルモード」に () (かわ)って、ひらがなの 問題 (もんだい)をランダムにだします。

シャッフルをOFFにすると「ア」から「ン」まで 順番 (じゅんばん) 問題 (もんだい)をだします。

初期 (しょき) 状態 (じょうたい)では、シャッフルがOFFの 状態 (じょうたい)です。
 

 

プログラムの 解説 (かいせつ)

 
この「カタカナ」な~んだ?のプログラムの 内容 (ないよう)については、 スクラッチプログラミング 学習 (がくしゅう)サイト で 解説 (かいせつ)しますので、もう (すこ) ()ってね!
 

クムクムからの 挑戦状 (ちょうせんじょう)

 
ダウンロードしたプログラムは、 自由 (じゆう) (なか)のプログラムを ()えることができます。 「こんな (ふう) ()えたら (たの)しいな」とか「こうやった (ほう) 便利 (べんり)!」とかあったらどんどんプログラムの 中身 (なかみ) ()えて、オリジナルのプログラムを (つく)ってみよう!
 
 

『この「カタカナ」な~んだ?』をオリジナルのプログラムを (つく)ってみよう!

『この「カタカナ」な~んだ?』で (した)のようなプログラムを (つく)れるかな?

どれも (かんが)えれば、ちゃんとプログラミングで (つく)ることができるプログラムだよ。

キミに (ちい)さな (おとうと) (いもうと)がいたら、チャレンジして (よろこ)ばせてみよう!

正解 (せいかい)の「1」キーを ()したときと、 不正解 (ふせいかい)の「2」キーを ()したときに ()かりやすいように (おと)をだしたりクムクムが (うご)くプログラム

間違 (まちが)った 回数 (かいすう)をカウントして 最後 (さいご) 間違 (まちが)った 回数 (かいすう) (おし)えるプログラム

 

(あたら)しいまなびひろばコンテンツ
クムクムが「あ」から順番に「ん」までのひらがなの読み方を教えてくれます。
 
クムクムがカタカナの問題をだします。大きな声でクムクムに向かって言うと、答えを教えてくれます。ランダム機能もついてます。 
 
キーボードを押すと「ドレミファソラシド」の音がでたり、楽器をクリックするとその楽器の音やクムクムからも音階の音を出して遊べます。