クムクムの楽しみ方

HOME | クムクムの楽しみ方 | 社会で通用するプログラミング言語の習得

社会で通用するプログラミング言語を習得しよう!

社会で通用する
プログラミング言語を
習得しよう!

クムクムはスクラッチで動くロボットですが、C言語、C#、VB.NET、Pythonといった「社会で通用するプログラミング言語」でも動かせるロボットです。

プログラミングツール「スクラッチ」の問題点としてよく挙げられるのが、スクラッチの延長線上に社会でも通用するプログラミングがないことです。
 
しかし、これは問題点というよりは、もともと違う目的で作られたプログラミングツールだからです。
 
スクラッチの生みの親でもあるミッチェル・レズニック教授は「スクラッチはプログラマの育成ではない」「子どもたちにプログラミング体験を通じて、思考力や協働する力を身につけてほしい」「そのために教育者が、子どもたちに正しい方向でプログラミングを教えることができるプログラミングツールとしてスクラッチを開発した」と発言しているように、社会でも通用するプログラミングスキルを学ぶものではありません。
 

スクラッチだけでなく社会に通用するプログラミング言語を学べる環境を完備

 
クムクムは、スクラッチの弱点をロボットでカバーすることで、プログラミングをより学びたいという方へ、スクラッチの延長線上にC言語、C#、VB.NET、Pythonといったプログラミング言語を学べる環境を整えています
 

スクラッチのプログラムイメージをそのままにプログラミングスキルを効率よく習得

 
スクラッチで作ったプログラムの中身はすでに理解していますので、そのプログラムをそれぞれのプログラミング言語に置き換えることで、一からそれぞれのプログラミング言語を学ぶよりも、より速くより深く理解することができます
 
現在、他のプログラミング言語をスムーズに学べるように、クムクムAPIというものを開発中です。
 
今回は、第一フェーズとしてスクラッチでプログラミングを学べる環境をリリースしたばかりですが、今後は、クムクムAPIを無料公開し、誰でも、C言語、C#、VB.NET、Pythonを学べる環境を整えていく予定です。

ちなみに、現段階でもクムクムを解析すれば、他のプログラミング言語で動かすことができるようになっています。

腕に自信のあるIT技術者の方は、是非チャレンジして自由にクムクムを操作してみてください。

モーターの角度もプログラムで細かく制御できるので、ロボットを歩かせる難しさも実感できると思います。