小学生向けプログラミング学習パッケージ

~塾・教室など教育機関向けソリューション~

 

2020年より小学校でのプログラミング教育は必修化となります。
プログラミングによる子供への新しい教育は、今、全世界で注目されています。
 
クムクムも、小学校低学年からしっかり学べるように、
動画・テキストを合わせて進めていく個別学習型教育パッケージを開発しました。
BASIC-ADVANCEDといった2段階のコースをもち、通年授業を通してプログラミングに関する知識を習得します。
クラウドシステムにより、煩わしい管理なども一切なく、
インターネットさえあればどんな教室でも簡単に始めていただけるように工夫をしました。
 
まずは詳しい資料をご請求ください。すぐにダウンロードできます。
 

スクラッチで簡単プログラミング。

 
スクラッチはMITが開発し無料でダウンロードできるプログラミングツールです。
難しいプログラミング言語をキーボードで入力することなく、コマンドブロックをマウスで重ねていくだけで簡単にプログラムが学べるツールです。
世界で3000万人が利用し、日本でも小学生に人気があります。
NHKでもスクラッチを利用したプログラミング番組が放映されています。

 

スクラッチだけでの弱点をロボットでカバー

MITが開発したスクラッチは、子どもや大人にとっても実に簡単にプログラミングを学ぶことができる学習ツールです。
 
しかし、開発者であるレズニック氏も「スクラッチはプログラミングを学ぶツールではない」と言い切っているように、スクラッチだけではプログラミング学習の限界があります。
 
クムクムは、スクラッチのメリットと、ロボットメリットを生かした、プログラミング学習ツールとして、国内のシステムハウスによって作り上げました。
 
スクラッチシーケンスプログラミング

スクラッチの学習は

 
❶ゲーム的なものをつくる
❷物語的なものをつくる
❸音楽的なものを作る

画面の中だけで動くものが多く、動作を中心としたプログラミングが多くなる。
ゲーム・遊び感覚が強く、プログラミングを学ぶことより完成品を作ることばかりに集中し本来のプログラミング的思考を習得しづらい。

 

クムクムの学習は

 
❶動画で動作を確認する(シーケンスの確認)
❷上から順にプログラミング
❸実行で動作確認

画面を超えて実際に動作するロボットでプログラミング的思考に大切な、シーケンス・アルゴリズムを自然に学ぶことができる。何度も何度もトライ&エラーを繰り返せるため創造力の強化につながる。

子どもの学習時の変化を大切にしました

 

子どもにとって大切な学ぶ仕組み

クムクムは、プログラミング必修化がまだ決まっていない2011年より、
京都市教育委員会主催「 京少年少女モノづくり倶楽部」におけるプログラミングコースから生まれました。
 
それから8年間、200人以上の子どもたちとのプログラミング授業を通じて得られた
子どもの躓きポイントなどのノウハウをしっかり反映させました。
 
クムクムは、子どもにとって大切な学ぶ仕組みをしっかり反映させた
カリキュラム作りになっています。
 
京コンでのプログラミング体験会

先生も生徒も一緒に学べる

クムクム学習システムは、BASIC→ADVANCEDという大きな2段階のステップで、基礎から応用本格的なプログラミングまでをマスターできる教材です。

スクラッチで段階的に学ぶプログラミング

 

BASIC シーケンス中心のプログラミング的思考


BASICでは、スクラッチと簡単なコマンドを使ったロボットコントロールプログラミングによって、おおよそ6カ月(90分×月2回)で、プログラミング的思考とロボットの知識をマスターします。
BASICコースでは、スクラッチやプログラミングテクニックについて深く学習することはありません。コマンドを順序良く並べて目的の動作を作り上げることで、シーケンス・アルゴリズムの基礎をマスターします。
もの作りの楽しさを通してわずか半年で創造力をアップさせます。
 
※講師(ファシリテーター)の方は、事前に1~2週間テキストに従って学習していただくだけで授業を開始できます。
 

ADVANCED 本格的プログラミング入門


ADVANCEDでは、スクラッチの機能とプログラミングに必要な知識テクニックをしっかりマスターします。
スクラッチ独特のゲーム的なテクニックから、どのプログラミングにも必ず必要な文法の基礎などをしっかり身に付けます。
また、最終段階では、PythonやC言語といった、本格的なプログラミング言語に触れることで、興味の強い子への新しい道を開きます。
 
※講師(ファシリテーター)の方には、開発者自身が作った事前学習用動画をご用意しています。プログラミングのポイント、受講生たちに伝えてほしいこと、学習させてほしいことを全タイトルにわたって細かくご用意。授業開始まで1か月ほどの事前学習が必要です。
 

経験と実績に基づいた裏付け

写経型C言語プログラミングワークブック
クムクムは、プログラミング的思考に大切な、シーケンス・アルゴリズムを、自然にしっかり学ぶことができます。
 それは、クムクムは設立から30年の歴史持つシステムハウスが、京都大学喜多一教授と行動研究をした「 写経型プログラミング」に基づいて開発されたカリキュラムだからこそです。
  

 

プログラミング的思考をつくるプログラミングの流れ

 
シーケンスとアルゴリズム

BASICコース

 
概要

BASICコースは、プログラミングとはどんなものか?を簡単な操作から楽しんで自然に身に着けることを目的とした入門コースです。
 
シーケンスと呼ばれる、命令の順序をしっかり身に着け、コマンドを順序良く並べることで自分の思った通り論理だって組み立てられる力をつけます。
全ての子供たちに楽しく飽きないで続けてもらうため、楽しい課題をたくさん用意しました。
 
また、プログラミング的思考に必要な、分析・仕様・設計・コーディング・デバッグという流れを自然にマスターすることができます。
本過程を終了するだけでも、プログラミン具的思考は十分身に着けることが可能です。
 

目的 アルゴリズム・シーケンスの基本をマスターする
教材 スクラッチ、クムクム、テキスト、動画
授業方式 個別指導型(受講生個人のペースで進める)
授業時間と回数 90分/回×12回 (1カ月に90分/回を2回行ったとして半年分)
対象

小学校2年生~ 

※テキストに使用している漢字レベルを小学校2年生以上に設定していますが、年長・小1での学習実績もあります。

ファシリテーター事前マスター期間 8H~12H(個人差があります)

 
カリキュラム具体例(参考)

 

※下記はクムクム標準カリキュラムであり、教室ごとにアレンジし実施される可能性があります。
※太字のタイトルはクリックをするとテキストや完成動画を見ることができます。

学習タイトル 学習目的

時間

1 クムクムとプログラミング クムクムとプログラミングの基本を理解する 20
使い方をおぼえよう 操作方法やプログラミングを実際に体験する 25
LEDをマスターしよう LEDの制御によってプログラミングが順次処理れることを理解する 45
2 BEEP音をマスターしよう BEEP音制御によってプログラミングのシーケンスをしっかり理解する 90
3 音声合成LSIをマスターしよう[テキスト] 自由な言葉を喋らせることでローマ字入力やアクセントなどの制御をマスターする 45
顔・うで・足をマスターしよう モーターを動かしロボットらしい動作をマスターする 45
4 練習課題1:救急隊員クムクム[テキスト] これまで学んだテクニックを駆使し目的の動作を完成させよう 45
練習課題2:カラータイマー 45
5 練習課題3:手の運動 45
練習課題4:ノルディックスキー 45
練習課題5:なんでやねん 45
6 練習課題6:まいどおおきに[動画] 40
練習課題7:手旗信号 50
7 距離センサー 距離センサーを使って判断文や比較演算子の使い方をマスターする 90
8 しょうがいぶつ確認 45
練習問題:距離判定 45
9 MICをマスターしよう マイク入力を使ってセンシング方法やADVANCEDへの準備を行う 45
卒業問題1:音で一歩 45
10 卒業問題2:レジ打ち 距離センサー・マイクやすべてのテクニックにより長編大作を完成させる 90
11 卒業問題3:重量あげ 簡単な課題を解くことで自信をつける 30
卒業問題4:体操 30
卒業問題5:やめて[動画] 距離センサーを使った総合問題 30
12 卒業問題6:難しい距離判定 30
卒業問題7:びっくりしたなぁ マイクを使った総合問題 30
卒業問題8:僕を呼んでね 30

ADVANCEDコース

概要

ADVANCEDコースはBASICコースを修了した生徒を対象とした次のステップです。
 
前半では、プログラミング文法の基礎からスクラッチ独特のプログラミングテクニックを学び、中盤では人間社会とロボットのつながりを意識したテーマの開発を行います。
 
後半では、本格的にプログラミングをマスターしたい子供のために、C言語やPythonなどの入門または、そのままスクラッチによる複雑なプログラミングなど、目的に応じて学習をレベルアップできます。
 
スクラッチを中心に学習を進めますが、他のプログラミング言語と共通なテクニックや知識もしっかりマスターすることができます。
 

目的

1.スクラッチのテクニックマスター

2.ロボットを利用した社会を想定したテーマによりプログラミングをマスター

3.Pyhton,C言語を使ったプログラミング基礎学習

教材 スクラッチ、Python、C言語(Arduino) クムクム、テキスト、動画
授業方式 個別指導型(受講生個人のペースで進める)
授業時間と回数 90分/回×24回 (1カ月に90分/回を2回行ったとして半年分)
対象

BASICコース受講完了者

ファシリテーター事前マスター期間 48H(個人差があります)

 

カリキュラム具体例(参考)

※下記カリキュラム予告なしに変更する場合があります。導入前に必ずご確認ください。

No テーマ 学習目的

時間

1 1 文字入力と記憶 演習:スクラッチ単体プログラミング 90
2 課題:スクラッチとクムクムの動作を合わせたプログラミング
3 数字の入力と計算 演習:スクラッチ単体プログラミング 90
4 課題:スクラッチとクムクムの動作を合わせたプログラミング
2 5 リスト 演習:スクラッチ単体プログラミング 90
6 課題:スクラッチとクムクムの動作を合わせたプログラミング
7 ステージとスプライト 演習:スクラッチ単体プログラミング 90
8 課題:スクラッチとクムクムの動作を合わせたプログラミング
3 9 イベントとメッセージ 演習:スクラッチ単体プログラミング 90
10 課題:スクラッチとクムクムの動作を合わせたプログラミング
11 スクラッチのその他の機能 演習:スクラッチ単体プログラミング 90
12 課題:スクラッチとクムクムの動作を合わせたプログラミング
4 13 並列処理プログラミング 演習:スクラッチ単体プログラミング 90
14 課題:スクラッチとクムクムの動作を合わせたプログラミング
15 切符売り場の店員ロボット 演習:基礎テクニックと流れのマスター 90
16 課題:ロボットとの組み合わせ
5 17 デパート入り口店員ロボット 演習:基礎テクニックと流れのマスター 90
18 課題:ロボットとの組み合わせ
19 時間監視員ロボット 開発テーマ 90
6 20 長い声判定ロボット 開発テーマ 90
21 リモコンロボット 開発テーマ 90
7 22 ハイスピードクムクムによる演習 プログラムダウンロード・ファームアップデートなど、今後のIT生活にこまらないための、基本的なITテクニックもマスターします。 270
8 23
9 24
10~ 25~

Aコース:スクラッチ課題

Bコース:プログラミング言語

A.スクラッチによる課題学習

B.C言語やPythonによるプログラミング学習

 

クラウドシステム

クムクムは、インターネットとロボットを高度につないだクラウドシステムによって構成されます。
生徒管理から、生徒の作ったデーターまですべてをクラウドシステムによって一括管理します。
そのため、教室側ではデータバックアップなど煩わさしいコンピューターでの作業を全く行うことがありません。
インターネットさえつながっていれば、簡単に運営することが可能です。

パッケージ構成

クムクム学習システムパッケージは、①スクルール運営管理システム ②テキスト動画を合わせたカリキュラム によって構成される学習支援パッケージです。

クムクムクラウドシステム図

運営構成

クムクム学習システムパッケージの構成は、①スクール(教室) ②ファシリテーター(講師) ③受講生(生徒)で構成されます。

クムクム運営構成図

費用構成

クムクム学習システムパッケージの費用は、①スクール(教室)に対して必ず1台のクムクムと②1名のファシリテーターが必要で、1台のクムクム購入費用とファシリテーターの月額接続料金が必要となります。
③受講生は、スクルール側で自由に登録・退会をすることが出来、登録された生徒1名ごとに新しい接続IDが付与され、生徒ごとに月額接続料が発生します。
※これ以外にテキスト代金が必要です。
※毎月の接続料金は口座引落となります。
※接続料金はコース(BASIC,ADVANCED)によって異なります。

クムクム費用構成図

業界・教育のプロからもご推薦をいただきました

全Google副社長村上憲郎氏

村上  憲郎 氏

前Google日本法人名誉会長|元Google米国本副社長 兼 |Google日本法人代表取締役社長
 
何事もマスターするには、『まねること』『とにかくまずは使うこと』そして『わかったつもり』になることが重要です。
『習うより慣れろ』を基本に、お経を書き写すように進める「写経型プログラミング」をベースに作られたクムクムは、習うことに慣れている現代の子にとって一番大切なこの3つの要素を体得できる最適な道具です。
クムクムを利用し、自分で考え解決できる子供たちが増えてくれることを願います。
 

元オムロンソフトウェアー九州代表取締役社長上田隆氏

上田  隆 氏

元オムロンソフトウェアー九州代表取締役社長
 
興味と感動があれば、遊びと喜びの中からいろいろな発想が生まれます。
なんでもが手に入る時代、自分で考え、自らを成長させていくことこそがこれからの子供たちに大切な要素であると思います。
『ロボットだ!』『触ってみたい!』『やった!動いた!』という3つの変化を通じて、クムクムは発想豊かな子供を育ててくれます。
クムクムによって、自らの成長を楽しむ強い子供たちが増えてくれることを願います。

京都大学学術情報メディアセンター喜多一教授

喜多  一 教授

京都大学学術情報メディアセンター/ 国際高等教育院・教授 / 情報環境機構長
 
Qumcumは、教育システムロボット教材と教育用ソフトウエアを使い、子供たちが自ら経験する形でコンピュータのプログラミングを学ぶ教育プログラムです。
このプログラミングの教育方法は、約30年にわたる企業でのソフトウエア開発現場から得られた実践的なものです。
教育には多くの方法がありますが、そのひとつとして模倣を通じた学びがあり、初めて何かを学ぶには欠かせないものです。
そして、模倣から創造的な活動に展開して行くことができます。
Qumcumは、子供達がロボットをプログラムで動かすことを自ら考え試すことを楽しみながら失敗や成功から学び、そして学んだことを友達や友お父さん、お母さんに伝えるということを体験してもらう教育プログラムです。
子供たちに自ら考え、試してもらう実践的な教育方法に期待したいと思います。

京都コンピュータ学院広報部長吉岡聡先生

吉岡  聡 先生

京都コンピュータ学院広報部部長
 
この教育システムは、2011年に京都市教育委員会が主催して開催した「京(みやこ)少年少女モノづくり倶楽部」のプログラミング授業から生まれ、多くの小中学生たちにプログラミングの楽しさを伝えてまいりました。
世界各国で小学生や幼少期からのIT教育が盛んになっています。日本においても小学校でのプログラミング教育導入が検討され、2020年からの必修化が事実上決まりました。
昨今のIT教育では、ロボットを使ったプログラミング教育も見かけるようになってきましたが、この教育システムは、プログラミングテクニックだけではなく、最先端のITの知識やモノづくりの楽しさなども学べる特長があります。
本教育システムを通じて、子供たちの興味と知識が向上し、一人でも多くのモノづくりITエンジニアが育ってくれることを期待します。

産業能率大学情報マネージメント学部北川博美先生

北川  博美 先生

産業能率大学 情報マネジメント学部
 
クムクムはスクラッチのコードの通りに実際に動いてくれます。手足を動かす、歩く、LEDが光る、話すといったリアルな動きにより、五感でプログラミングとものつくりを実感できる教材です。
初めてクムクムに触れた子どもたちは目を輝かせます。
透明のボディーや足の向こうに見える回路やパーツも子どもたちにとっては新鮮で、コンピュータに対する興味を喚起するのではないでしょうか。
使っているうちに手から落とし、壊れることがあるかもしれません。
それもまたプログラミングだけでは学べない、貴重な学習となるでしょう。
クムクムを手に取りプログラムで動かすことで、優しい心と多くの知識をもつ豊かな人に育ってくれることを期待しています。