kiyaku
商品の保証とお取り扱い上の注意


商品の保証とお取り扱い上の注意

1. 商品の保証

1.1. 保証期間
クムクム本体、通信機の保証期間は、商品お買い上げ日(お引き渡し日)より1年間です。
1.2. 保証内容
取扱説明書、ウェブサイトの注意書きに従った使用状態で保証期間内に故障した場合は、無償で交換させていただきます。
1.3. 保証の免責事項
保証期間内でも、取扱説明書、本ウェブサイトの注意書きに沿わない組み立て方や、使用方法で使用した場合は原則として有料とさせていただきます。

2. アフターサービス

2.1. 保証書
本ウェブサイトに記載の保証内容とさせていただきます。
2.2. 修理を依頼されるとき
  • 保証期間中は、万一故障が起きた場合は、お買い上げ日を特定できるものを添えて、お買い上げの販売店までお申し出ください。
  • 保証期間が過ぎているときは、お買い上げの販売店にご相談ください。
  • 販売店にご依頼にならない場合は、弊社お客様ご相談窓口にご連絡ください。
2.3. アフターサービスについてご不明な点は
修理に関するご相談ならびにご不明な点は、お買い上げの販売店、または弊社お客様ご相談窓口にご連絡ください。

3. お取り扱い上の注意

はじめによんでね
クムクム(ロボット)をつかうまえに、かならずこのないようをよんでください。
しらないかんじやことばがでてくることがあります。わからないばあいは、ちかくのおとなによんでもらってください。

注意!保護者の方へ 必ずお読みください

本書は必要なときにすぐにご覧いただけるよう、お手元においておくようにしてください。本製品などをご使用になる前に本書を必ずお読みください。

クムクム(教材ロボット)と付属品(通信機など)、オプション製品を本製品、サービスを本サービス、本製品と本サービスを合わせて本製品サービスと記載します。

株式会社CRETARIAは、本製品サービスが原因による傷害や物的損害がないことを目標に、本製品サービスの開発、設計、製造をおこなっています。しかしながら、絶対に安全とはいえません。適切でない使い方をしたり、壊れたときに思ってもいない傷害や物的損害を生じることがあります。すべての製品やサービスには絶対安全というものはありません。本書には本製品サービスのどこが危険か、どのような危険に遭うのか、どうすれば危険を避けられるかなどについて説明しています。

  • 包装に使用しているビニール袋を頭から被ったり、顔を覆ったりしますと、窒息する恐れがあります。
  • 本製品を投げたりして遊ばないでください。
  • クムクムの足などのすき間に指などをはさみますと、けがをする恐れがありますのでご注意ください。
  • 熱湯消毒には耐えません。水又はぬるま湯でお拭きください。
  • 安全のため、破損したり、変形した本製品は使用しないでください。
  • 電池や部品などを口に入れて遊ぶのはお避けください。
  • 保護者の目の届くところで使用させましょう。
対象年齢
本製品サービスは満7歳以上を対象とした教材です。

本製品は家電製品、ガス器具、燃焼機器、生活用品でないため製品安全関連4法に指定されている規制対象製品等ではありません。本製品はSTマークの適用範囲に含まれません。

1.全般的な注意事項

煙や異臭、異音がしたまま使用しない
万一、煙、異臭、異音などが生じた場合は、ただちに電源スイッチをOFFにして電池をクムクムから抜いてください。その後、お買い求めの販売店または保守サービス会社にご連絡ください。そのまま使用すると火災の原因となります。本ウェブサイトに記載の保証内容とさせていただきます。
針金や金属片を差し込まない
本製品のすきまから金属片や針金などの異物を差し込まないでください。感電の危険があります。( クムクムは注射や手術が嫌いです。)
日本国外で使用しない
本製品は、日本国内用として製造・販売しています。日本国外では使用できません。この装置を日本国外で使用すると火災や感電の原因となります。
本製品内に水や異物を入れない
本製品内に水などの液体、ピンやクリップなどの異物を入れないでください。火災、火傷、けが、感電などの原因となります。もし入ってしまったときは、すぐに電源スイッチをOFFにし、電池をクムクムから抜いてください。分解しないで販売店または保守サービス会社にご連絡ください。( クムクムはお風呂や水浴びが嫌いです。 )
高温になる場所や熱のこもりやすい場所で使わない
本製品内は、高温になる場所や熱のこもりやすい場所(火のそば、暖房機器のそば、こたつや布団のなか、直射日光の当たる場所、炎天下の社内など)で、使用しないでください。火災、火傷、けが、感電などの原因となります。
加熱調理器、高圧容器に入れたり近くに置かない
電子レンジやIH調理器などの加熱調理器、圧力釜などの高圧容器に入れたり、近くに置かないで下さい。火災、火傷、けが、感電などの原因となります。
人命に関わる業務や高度な信頼性を必要とする業務には使用しない
本製品ならびに本製品に使用されている電子部品等は、医療機器・原子力設備や機器、航空宇宙機器・輸送設備や機器など、人命に関わる設備や機器および高度な信頼性を必要とする設備や機器などへの組み込みやこれらの機器の制御などを目的とした使用は意図されておりません。これら設備や機器、制御システムなどに本製品を使用した結果、人身事故、財産損害などが生じても弊社はいかなる責任も負いかねます。

2.設置・移動・保管・接続に関する注意事項

指定以外の場所で使用・保管しない
本製品を次に示すような場所や本製品に付属の説明書等で指定している場所(本製品に付属の説明書等で指定している場合)以外に置かないでください。破損や火災の原因となるおそれがあります。また、クムクムは歩いたり、傾いたりする動作をプログラミングできます。クムクムが歩いて机やテーブルの端から落ちる場合もあります。クムクムを動作させる場合は、机の端で動作させないようにしてください。

  • ほこりの多い場所
  • 直射日光が当たる場所
  • 給湯器や加湿器のそばなど湿気の多い場所
  • 温度が+50℃以上の場所
  • 温度が+10℃以上の場所
  • 強い磁気を発生させる機器のそば
  • 不安定な場所
  • 机やテーブルの端
  • 温泉などガスを発生する場所
  • 車中や船舶、工事現場など、振動の激しい場所
  • 多くの油を使用する場所(調理場など)
  • ゴムや軟質のポリ塩化ビニールに長い間、直接触れさせてておくと、色移りや不着、変質をすることがあります。
腐食性ガスの存在する環境で使用または保管しない
腐食性ガス(二酸化硫黄、硫化水素、二酸化窒素、塩素、アンモニア、オゾンなど)の存在する環境に設置し、使用しないでください。また、ほこりや空気中に腐食を促進する成分(塩化ナトリウムや硫黄など)や導電性の金属などが含まれている環境に保管しないでください。装置内部のプリント板が腐食し、故障および発煙・発火の原因となるおそれがあります。
強い圧力を加えない
本製品に強い圧力を加えないでください。特に鞄などに入れて持ち運ぶ場合は、ぶつけたり、物に挟んだりしないでください。内蔵電池の破損により火災、火傷、けが、感電などの原因となります。

3.ニッケル水素電池に関する注意事項

ニッケル水素電池の異常に気づいたら使用を中止する
電池が液もれしたり、変色、変形、その他今までと異なることに気づいたら使用しないでください。そのまま使い続けると、電池が発熱、破裂するおそれがあります。
所定のニッケル水素電池以外は使用しない
本製品はニッケル水素電池で動作します。弊社指定以外の電池は、品質、性能、安全性について保証の対象外となります。
所定のニッケル水素電池用充電器以外は使用しない
ニッケル水素電池はニッケル水素電池用の充電器で、充電器の説明書に記載されている方法で充電してください。記載されている方法以外で充電すると、発熱、発火、液もれするおそれがあります。
長時間使用しないときはニッケル水素電池を取り外す
スイッチを切っていても機器の中の電池は電気が少しずつ減っていきます。液もれの原因にもなりますので長期間使用しない場合は電池を取り出しておいてください。取り出した電池は、個別にケースに入れるなどして、ショート(短絡)しないように注意してください。
ニッケル水素電池はプラス(+)マイナス(-)を間違わない
3本以上の電池を使う機器の中には1本を逆に入れても動くものがあります。逆になった電池が充電され、発熱、液もれ、破裂するなどして危険です。
ニッケル水素電池は異なる種類、銘柄の電池、フル充電の電池と使用途中の電池を混ぜて使わない
種類や銘柄(メーカー名)の違う電池を混ぜて使ったり、同じ種類、銘柄でも、フル充電の電池と、使用途中や未充電の電池を混ぜて使うと、発熱、液もれ、破裂を起こすことがあります。電池を交換する時は、同じ種類、銘柄でフル充電した電池を使ってください。ニッケル水素電池を交換する時は全部取り替えてください。
ニッケル水素電池は火の中に入れない
火中に投下したり、火気に近づけたり、加熱(電子レンジ等を含む)したり、あるいは高温状態で放置したりすると、発熱、発火、破裂することがあります。
ニッケル水素電池を濡らさない
水、海水、ジュースなどの液体で電池を濡らすとショート(短絡)したり、さびたりします。
ニッケル水素電池を分解、改造しない
分解、改造すると破裂したり、液もれするおそれがあります。弊社指定以外の電池は、品質、性能、安全性について保証の対象外となります。電池の外装チューブをはがしたり、キズをつけないこと。電池がショート(短絡)状態となり易く、電池が液もれ、発熱、破裂する原因となります。
ニッケル水素電池は指定の方法以外で充電しない
ニッケル水素電池はニッケル水素電池用の充電器で、充電器の説明書に記載されている方法で充電してください。記載されている方法以外で充電すると、発熱、発火、液もれするおそれがあります。
ニッケル水素電池に衝撃を与えない
本体に装着した状態や単体での落下等の衝撃によるバッテリ内の電池や回路基板の損傷によって、発熱、発火、破裂することがあります。バッテリに衝撃を与えた場合や、外観に明らかな変形や破損が見られる場合には、使用をやめてください。
ニッケル水素電池の金属端子をショート(短絡)させたり、水などの液体をかけたりしない
電池のプラス端子とマイナス端子を金属で接続しないでください。また、電池をネックレスやヘアピン、コイン、鍵などと一緒に持ち運んだり、保管しないでください。玩具や文具と一緒に保管しないでください。電池のプラスとマイナスがこれらの金属によりショート(短絡)し、過大な電流が流れ、電池が発熱、破裂、発火、あるいはこれらの金属などが発熱するなどして危険です。
ニッケル水素電池の液が皮膚や衣服についたら、水で洗い流す
電池の中の液が皮膚や衣服についたら、きれいな水で洗い流してください。万一、目に入った場合は、すぐにきれいな水で洗い流して、医師の診察を受けてください。
ニッケル水素電池は幼児の手が届かないところに置く
電池内部には、有害物質を含んでいるため、誤って飲み込んだり、なめたりすると危険です。万一、飲み込んだ場合は、直ちに医師にご相談ください。
所定の充電時間を超えても充電が完了しない場合は、充電を中止する
電池の充電で所定の充電時間を超えても充電が完了しない場合は、充電を中止してください。過充電などにより、火災、火傷、けが、感電などの原因となります。
ニッケル水素電池に直接ハンダ付けしない
電池の端子に直接ハンダ付けしないでください。熱により絶縁物が溶けたり、ガス排出弁や保護機構が損傷し、発熱、破裂、発火の原因になり危険です。
ニッケル水素電池は住んでいる場所(地方自治体)の条例などの指示された方法により処分してください
一般ゴミに混ぜて捨てないでください。またはリサイクル協力店にお持ち下さい。

4.使用中の注意事項

ペットを近づけない
本製品にペットなどの生き物を近づけないでください。排泄物や体毛が本製品内部に入って火災や感電の原因となります。また、ペットが本製品を噛んで壊して部品を飲み込むことも考えられます。( クムクムはペットにかまれたり、おしっこをかけられるが嫌いです。 )
故障したら使わない
動作がおかしくなったり、電池や付属品が破損しているのに気がついたら使用を中止してください。お買い求めの販売店または代理店にご相談ください。
濡れた手で触らない
感電の原因になります。
落としたり衝撃を与えない
故障や破損の原因になります。
通気開口部をふさがない
内部に熱がこもり、発煙、発火の原因となるおそれがあります。
本製品の上に物を置かない
傷がついたり故障の原因となります。
コード類は正しく配置する
コード類は足に引っかけたりして引っぱると本製品の落下や転倒などによりけがの原因となることがあるため、十分に注意して接続・配置してください。
端子はきちんと接続する
接続端子の内部に金属片を入れないでください。ピンとピンがショート(短絡)して、火災の原因となることがあります。端子はまっすぐに差し込んで接続してください。斜めに差し込むとピンとピンがショートして火災の原因となることがあります。端子に固定用のスプリングやネジがある場合は、それらで確実に固定してください。接続不良が防げます。
磁気の弱いものを近づけない
本製品には磁気を発生する部品が使われています。磁気カードや乗車券などの磁気に弱い機器を近づけないでください。記録内容が破壊されることがあります。
可燃性のエアゾール製品(エアダスター等)を使用しない
本機のお手入れのために可燃性ガスを使用したエアゾール製品(エアダスター、スプレー塔)を使用すると可燃性ガス本製品の内部にたまり、モーターなどから引火して、爆発や発火の原因となることがあります。
飲酒または服薬時には使用しない
シンナーやベンジン等の有機溶剤で本製品を拭かない
本製品の汚れは、乾いたきれいな布でふいてください。汚れがひどい場合は、きれいな布に中性洗剤を含ませて固くしぼってから拭き取ってください。
静電気の影響について
静電気の影響により本製品が正常に機能しなくなることがあります。本製品に不具合がでた場合は、本製品の電源を一旦切ってからご利用ください。
結露について
本製品を寒い場所から暖かい場所に持ち込んだときや、冬の朝など暖房を入れたばかりの部屋などで、本製品の表面や内部に結露が生じる場合があります。そのままご使用になると故障の原因になります。結露が生じたときは、水滴をよく拭き取ってください。全体が室温に暖まって結露が生じなくなるまで、電源を入れずに約1時間放置してください。
高精度な制御や微弱な信号を扱う電子機器の近くでは電源を切ってください
電波により電子機器が誤動作するなどの悪影響を及ぼす原因となります。
有寿命部品について
本製品には有寿命部品(電池など)が含まれています。有寿命部品とはご使用による摩耗や劣化が進行する可能性のある部品です。各有寿命部品の寿命は、ご使用の環境や使用環境などの条件により異なります。著しい劣化や摩耗がある場合は、機能が低下して本製品の性能維持のため交換が必要になる場合がありますのであらかじめご了承ください。

5.その他の注意事項

付属のニッケル水素電池は、工場を出荷するときに入れていますので、放電している場合があります。

パーソナルコンピュータおよび周辺機器の取り扱いは各取扱説明書をよく読んで、各メーカーの定める手順に従って下さい。

Bluetooth機能について
通信速度と範囲は、通信機器間の距離や障害物、機器構成、電波状況、壁の有無・素材などの周辺の環境、使用する状況などにより変化します。また、電波環境により切断される場合があります。
パスワードについて
お客様が設定されたパスワードは必ずメモをとるなどして、忘れないようにしてご注意ください。お客様がパスワードをお忘れになられたことによる損失については、当社は一切の責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。
ソフトウエアについて
本製品に付属のソフトウエアは、ライセンスまたはロイヤリティ契約にもとに供給されています。これらのソフトウエアを不正にコピーすることは法律で禁止されています。付属ソフトウエアの中にはアプリケーション単体でインストール、アンインストールがおこなえるものがあります。ただし、このような操作を行った場合の動作確認はおこなっていいません。

上記内容に同意していただいた場合のみ本製品の保証やサポート範囲となります。
ご同意いただいただいた場合は、下記のボタンをクリックして次のステップにお進みください。