クムクムがサポートする学習

プログラミングの学習ができます

MITが開発をしたビジュアルプログラミングツール【スクラッチ】による入門プログラムから、Python、ArduinoによるC言語、CPU開発ツールによる本格的エンベディッドプログラミングまでをステップアップしながら学習することができます。
習いに行きたい方はクムクムプログラミング塾で、独学で学びたい方は学びの広場を利用してどんどん学習を進めてください。

→学びの広場はこちらから
→学習塾商品はこちらから

ハードウェアの学習ができます

回路、ポートなど技術に関する情報も工作記事として学びの広場で積極的に公開しますので、ハードウェアをマスターすることができます。

→工作記事はこちらから

専用パーツでパワーアップできます

クムクムをパワーアップするオプションパーツをどんどん開発し、工作記事の紹介や販売をしていきます。
自分専用のクムクムロボットを作ることができます。

クムクムの基本コンセプト

クムクムには、人型ロボットとしての基本的な8つの機能を持っています。
メインボードによってそれぞれコントロールのレベルが異なりますが、同じコンセプトのもと継続して使用することができます。

クムクム効果音
BEEP SOUND

クムクムノイズ検知
MIC

クムクム状態表示
RGB-LED

クムクム距離計測
ULTRA SONIC SENSOR

クムクム日本語おしゃべり
TextToSpeach LSI]

クムクム動作・歩行
Servo MOTOR

具体的なサポート内容

01.

構造を理解し改造を楽しめます

01.構造を理解し改造を楽しめます

本体は、ドライバー1本でバラバラにばらすことも、組み立てることも簡単にできます。電子からメカニカルな部分まで、楽しんでいただくことができるように作りました。
主要な寸法や図面は積極的に公開します。
3Dプリンタなどを使ってどんどんオリジナルパーツを作ってください

02.

IoTからAIまでいろいろな技術をマスターすることができます

02.IoTからAIまでいろいろな技術をマスターすることができます

心臓部にあたるメインボードは、目的に合わせて付け替えることができます。
コネクターの位置も接続もそのままで、マスターしたい技術目標にあわせて自由に選択いただけます。

03.

オプションパーツやオリジナルパーツでレベルアップを楽しめます

03.オプションパーツやオリジナルパーツでレベルアップを楽しめます

いろいろな技術を長く楽しんでいただくために、メインボードに機能を追加するためのオプションボードを、どんどん開発していきます。

04.

アイディアでもっともっと楽しく

04.アイディアでもっともっと楽しく

技術情報を積極的に公開します。皆さまからの楽しい電子工作や、新しい技術などをどんどんご紹介し、一緒に楽しめるクムクムを目指しています。

  • クムクムお立ち台をレーザ彫刻機で作ってみました
  • お立ち台にRGBLEDをつけてUNOでクムクムの動きにあわせて制御してみました
  • 電池いらずのクムクムに改造してみました
  • IrDAをつけてテレビのリモコンで5人のクムクムを同時に動かしてみました
  • 光センサーを付けて真っ暗になったらLEDで照らすクムクムを作ってみました
  • 温度センサーを付けて、寒い・暖かいを教えてくれるクムクムを作ってみました
  • CCDカメラをつけて僕の顔と奥さんの顔を識別して挨拶させてみました
  • 同時通訳クムクムを作ってみました

05.

オリジナル工作を応援します

クムクムに使用している、ねじ1本からモーター、センサー、メインボード、LSIまで、すべてのパーツを単体で販売いたします。

クムクム教育パッケージ

クムクムを利用した学習カリキュラム・パッケージ開発にも積極的に取り組んでいます。
※各詳細についてはお問い合わせフォームより資料請求をお申込みください

学習塾・ロボット塾向けパッケージ
「クムクムスタディ」

学習塾や各種教室で簡単に利用できる教材です。
プログラミングを専門としない学習塾でも運用できるように、カリキュラム・テキストを現役の塾の先生と1年以上かかって開発をしました。
クラウドによる管理で、塾の設備・運営に負担をかけない優しい設計になっています。

・カリキュラム: BASIC16回、ADVANCED24回分 (90分/回の授業を想定)
・学習ソフト : スクラッチ3.0 Windows10対応+クムクムロボット


View more

学校教育向けソフト
「クムクムスクール」

学校の授業の中で、簡単手軽に使えるSTEAM教材です。
GIGA端末において、インストールすることなく簡単になく使えるように、WEBアプリケーションで提供いたします。
生徒全員がロボットを体験できるように、端末内で動く3Dバーチャルロボットでプログラミング学習ができます。

・学習ソフト:スクラッチ3.0 WEB対応+バーチャルクムクムロボット


View more

クムクム開発の背景

クムクムは実践の現場から生まれました

クムクムは、京都のIT系開発会社(株式会社キヤミー 1992年設立)が、自社の技術社員を育成するシステムをベースに開発されました。
技術者不足に対応するために作り上げた短期技術者教育は、「未経験者を3か月でVisual C++のプログラマ1年生に育てる」という独自の教育メソッドへ発展し、わずか5年間で200名以上を育てあげ、オスカー認定企業の第一回目に入賞しました。

この教育メソッドがクムクムの源です。

京都大学との共同研究によって教育の基礎が確立しました

独自のメソッドは、京都大学喜多一教授の研究室と「初学者向けの教育」として共同研究取り組みを行い、情報関係の学会で多くの論文を発表しました。
また、この取り組みの中で開発をした「H8を利用したマイコン扇風機教材」は、京都大学の文理共通選択科目としても採用され、のちにのちに喜多一教授によって「写経型プログラミング学習」と命名され技術教育書籍として発刊されました。

京都大学との共同研究によって教育の基礎が確立しました

独自のメソッドは、京都大学喜多一教授の研究室と「初学者向けの教育」として共同研究取り組みを行い、情報関係の学会で多くの論文を発表しました。
また、この取り組みの中で開発をした「H8を利用したマイコン扇風機教材」は、京都大学の文理共通選択科目としても採用され、のちにのちに喜多一教授によって「写経型プログラミング学習」と命名され技術教育書籍として発刊されました。

論文

自学中心初級プログラマ養成コースの分析と改善​
岡本雅子, 喜多一, 吉川直人, 寺村央​
FIT2008 講演論文集   301-302   2008年
教養教育としての組み込み系プログラミング教材の開発と評価​
岡本雅子, 村上正行, 吉川直人, 喜多一​
情報処理学会研究報告 2011-CE-108(21) 1-7 2011年​
情報処理学会研究報告,2011-CE-108,21,1-7​
情報科学技術フォーラム講演論文集​
プログラミングの写経型学習教材の開発と評価​
岡本雅子,村上正行,吉川直人,喜多一​
教育システム情報学会全国大会講演論文集
「視覚的顕在化」に着目したプログラミング学習教材の開発と評価  ​
岡本雅子,村上正行,吉川直人,喜多一​
日本教育工学会論文誌 37(1) 35-45 2013年 ​
日本教育工学会論文誌,37,1,35-45​
教養教育としての組み込み系プログラミング教材の開発と評価​
岡本雅子, 村上正行, 吉川直人, 喜多一​
情報教育研究集会 443-446 2010年​
情報処理学会研究報告,2011-CE-108,21,1-7
プログラミングの写経型学習過程を対象としたつまずきの分析とテキスト教材の改善-作業の自立的遂行と作業を介した理解のための支援と工夫-​
岡本雅子,村上正行,吉川直人,喜多一​
京都大学高等教育研究 19 47-57 2013年​
Development and Assessment of Learning Materials for Computer Programming Focusing on “Visual Manifestation”​
岡本雅子,村上正行,吉川直人,喜多一​
Educational Technology Research,37,51-60
京大での単位授業への採用

市教委との経験で子ども教育のノウハウを確立しました

京都大学で使用した「H8を利用したマイコン扇風機教材」は、その後、京都市教育委員会いきかた探求館主催・京都コンピュータ学院協力による「京少年少女モノづくり倶楽部」において、京都市の小中学生への講座に7年間使用しました。
この時に得た、ノウハウを詰め込み二足歩行ロボットクムクムが完成しました。
市教委とのこの8年間の取り組みは、京都市門川大作市長より表彰いただきました。
この「写経型学習」がクムクムのテキスト・カリキュラムの原点となっています。

マイコン扇風機

少年少女プログラミング講座

京都市長より表彰

京都コンピュータ学院での授業

実績

クムクムは、多くの大学、学習塾、イベントなど多くの場所で利用されています。
昨年12月には、NHKの「又吉直樹のヘウレーカ!」では大きく取り上げられました。
東京工業大学のホームページでも紹介されています。

ご購入・様々なイベント・教育関連ご利用実績

京都大学様、東京工業大学様、大阪大学様、長崎県立芸術短期大学様、近畿大学様、同志社大学様、産業能率大学様、京都教育大学様、新潟大学様、東京農業大学様、立命館大学様、小学館集英社プロダクション様

ご推薦

村上 憲郎 氏

前Google日本法人名誉会長|元Google米国本副社長 兼 |Google日本法人代表取締役社

何事もマスターするには、『まねること』『とにかくまずは使うこと』そして『わかったつもり』になることが重要です。
『習うより慣れろ』を基本に、お経を書き写すように進める「写経型プログラミング」をベースに作られたクムクムは、習うことに慣れている現代の子にとって一番大切なこの3つの要素を体得できる最適な道具です。クムクムを利用し、自分で考え解決できる子供たちが増えてくれることを願います。

上田 隆 氏

元オムロンソフトウェアー|九州代表取締役社長

興味と感動があれば、遊びと喜びの中からいろいろな発想が生まれます。
なんでもが手に入る時代、自分で考え、自らを成長させていくことこそがこれからの子供たちに大切な要素であると思います。
『ロボットだ!』『触ってみたい!』『やった!動いた!』という3つの変化を通じて、クムクムは発想豊かな子供を育ててくれます。
クムクムによって、自らの成長を楽しむ強い子供たちが増えてくれることを願います。

喜多 一 教授

京都大学 国際高等教育院

Qumcumは、教育システムロボット教材と教育用ソフトウエアを使い、子供たちが自ら経験する形でコンピュータのプログラミングを学ぶ教育プログラムです。
このプログラミングの教育方法は、約30年にわたる企業でのソフトウエア開発現場から得られた実践的なものです。
教育には多くの方法がありますが、そのひとつとして模倣を通じた学びがあり、初めて何かを学ぶには欠かせないものです。
そして、模倣から創造的な活動に展開して行くことができます。
Qumcumは、子供達がロボットをプログラムで動かすことを自ら考え試すことを楽しみながら失敗や成功から学び、そして学んだことを友達や友お父さん、お母さんに伝えるということを体験してもらう教育プログラムです。
子供たちに自ら考え、試してもらう実践的な教育方法に期待したいと思います。

吉岡 聡 先生

京都コンピュータ学院 広報部部長

この教育システムは、2011年に京都市教育委員会が主催して開催した「京(みやこ)少年少女モノづくり倶楽部」のプログラミング授業から生まれ、多くの小中学生たちにプログラミングの楽しさを伝えてまいりました。
世界各国で小学生や幼少期からのIT教育が盛んになっています。日本においても小学校でのプログラミング教育導入が検討され、2020年からの必修化が事実上決まりました。
昨今のIT教育では、ロボットを使ったプログラミング教育も見かけるようになってきましたが、この教育システムは、プログラミングテクニックだけではなく、最先端のITの知識やモノづくりの楽しさなども学べる特長があります。
本教育システムを通じて、子供たちの興味と知識が向上し、一人でも多くのモノづくりITエンジニアが育ってくれることを期待します。

北川 博美 教授

産業能率大学 経営マネジメント学部

クムクムはスクラッチのコードの通りに実際に動いてくれます。手足を動かす、歩く、LEDが光る、話すといったリアルな動きにより、五感でプログラミングとものつくりを実感できる教材です。
初めてクムクムに触れた子どもたちは目を輝かせます。
透明のボディーや足の向こうに見える回路やパーツも子どもたちにとっては新鮮で、コンピュータに対する興味を喚起するのではないでしょうか。
使っているうちに手から落とし、壊れることがあるかもしれません。
それもまたプログラミングだけでは学べない、貴重な学習となるでしょう。
クムクムを手に取りプログラムで動かすことで、優しい心と多くの知識をもつ豊かな人に育ってくれることを期待しています。